おすすめのVPN ランキング TOP5 【有料級】

外出先のWi-FiにVPNなしで接続するのはセキュリティ的によくありません。

  • 閲覧履歴
  • 個人情報
  • 通信内容

プライベートな情報が悪意を持った第三者に盗まれる危険性があります。

クレジットカードやログインID・パスワードが漏洩すると金銭的な被害を受けるので対策しないわけにはいきません。

総務省によると、令和3年の不正アクセス行為の認知件数は1,516件となっており、インターネットショップングでの不正購入が最も多い被害となっています。

公衆Wi-Fiから個人情報を漏洩させない方法としては、VPNを利用するのがオススメです。

  • Webページ上のトラッキングが暗号化される
  • IPアドレスや位置情報が変更される
  • データの送受信が暗号化される

VPNを使うことで個人情報が複雑に暗号化され特定されるのを防ぐことができます。

位置情報や閲覧履歴、IPアドレスが変わってしまうので第三者があなたを特定・追跡することができなくなるわけです。

しかし有料・無料を問わずVPNの種類は多い上に機能性はどれも似たり寄ったりです。

VPNに関する情報はあまりにも多すぎて何を基準にどう選んだらいいのか迷ってしまいます。

VPNによって料金プランや速度、アプリ対応、セキュリティ、使いやすさなどが完全に違っており比較するのも大変です。

そこで実際に複数のVPNを購入して使ってみました。

NordVPN: 1ヶ月プラン
Surfshark:2年プラン
Express VPN: 1年プラン
CyberGhost: 1ヶ月プラン
Vypr VPN: 1ヶ月プラン

複数の海外VPNを購入したことで、アプリの使いやすさや差別化のポイントなどを事細かく整理することができました。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
1ヶ月プラン1,434円約1,496円
($12.95)
1,497円1,480円約1,722円
($15.00)
6ヶ月プラン/月額約1,154円
($9.99)
750円
1年プラン/月額570円約770円
($6.67)
495円約956円
($8.33)
2年プラン/月額390円266円375円
3年プラン/月額265円
速度高速超高速高速高速高速
サーバー数60か国5300以上94ヶ国3000以上65か国3200以上90か国7500以上70カ国700以上
同時接続台数6台5台無制限7台5台
プロトコルOpenVPN
IPSec/IKEv2
NordLynx
LightwayOpenVPN
IKEv2
WireGuard
OpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSEC
Chameleon
OpenVPN
IPSec
WireGuard
ノーログポリシーありありありありあり
アプリ対応/互換性ありありありありあり
日本語対応登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語
登録:英語
サポート: 英語
返金保証30日間30日間30日間1ヶ月プラン:14日間
その他:45日間
30日間
特徴コストパフォーマンス最強速度とサーバー数で他社を圧倒6ヶ月以上なら最安値のVPN1年プランと3年プランは業界最安
ストリーミング専用サーバーあり
20万以上のIPかつ独自のVPNサーバーあり
おすすめ対象初めてVPNを使う方
短期から使いたい方
快適に色々な国の作品を楽しみたい方価格を抑えつつ長く使いたい方色々な国で1年間動画配信を楽しみたい方英語ができる方
アプリは日本語対応
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
結論
  • コスパ重視⇨NordVPN
  • 料金重視⇨Surfshark
  • 速度重視⇨ExpressVPN

NordVPNは料金面やセキュリティ、機能性においてバランス良く優れていました。

実際にNordVPNを使うことでセキュリティ以外でも動画視聴で大活躍します。

本記事では、個人向けに本当におすすめできるVPNを5つ紹介します。

  • おすすめのVPNを知りたい
  • VPN選びで失敗したくない
  • コスパ最強のVPNを使いたい
  • スマホのアプリからVPN接続したい
  • 公衆Wi-Fiを安全に利用したい

このような気持ちの方は、参考にしてみてください。

無料のVPNは危険性がある?

ブラウザやストアで入手できる無料のVPNは危険です。閲覧履歴や位置情報、クレジットカード情報が漏洩するリスクがあります。

VPNのプランは?

VPN各社によって異なりますが1ヶ月プランから最長3年プランまで用意されています。

公衆Wi-FiにVPNなしで接続するのは危険?

フリーWi-Fiは通信が暗号化されていないためVPNなしで接続するのはおすすめできません。

失敗しないオススメVPNの選び方

VPNは日本や海外で複数の会社がサービスを展開しており差別化が難しくなっています。

料金プランや機能性は似たようなものばかりで初心者には違いが分かりません。

  • 料金が安いVPN
  • 日本のVPN
  • レビューの高いVPN

このような理由でVPNを選んでしまったら失敗します。

自分に合ったオススメのVPNを選ぶ上で重要なのは目的をはっきりさせることです。

目的を決めるには、VPNについて簡単にイメージを掴む必要があります。

VPNとは?

VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略で、インターネット上の匿名性やセキュリティを高めることができます。

VPNに接続するだけで位置情報やIPアドレス、通信内容が暗号化されるので第三者によって個人情報が盗まれるのを防ぐことができます。

フリーWi-Fiをスマホやパソコンから安全に利用できる

IPアドレスや位置情報、閲覧履歴を隠せる

日本では配信されていない海外コンテンツを視聴できる

VPNの種類が多すぎて選べない

VPNとは? スマホで接続するメリットやデメリットをわかりやすく解説

VPNとは? スマホで接続するメリットや仕組みをわかりやすく解説
フリーWi-Fiは危険?
カフェや空港、地下鉄、バスなどのフリーWi-Fiはパスワード付であったとしても危険です。外出先の公共Wi-Fiがなぜ危険なのかと言うと、通信が暗号化されていないからです。通信内容が第三者に傍受される危険性があります。

VPNを使うことでインターネットを安全に利用できるだけでなく、動画配信サービスでも海外限定のコンテンツが楽しめます。

大多数の方がVPNを選ぶ際の目的は下記のようになります。

  • 安い料金でコスパ重視
  • 通信速度を重視
  • アプリ対応を重視
  • 同時接続台数を重視
  • 機能性やセキュリティを重視

本記事では、おすすめのVPNを目的別に紹介する上で以下の評価項目を重視します。

10項目もあって意外と多いと感じるかもしれませんが、どれも大切な指標です。

  1. 海外のVPN
  2. VPNの料金プラン
  3. ノーログポリシー
  4. アプリ対応
  5. サーバー数
  6. プロトコル
  7. 同時接続台数
  8. 通信速度
  9. 返金保証
  10. カスタマーサポート

実際におすすめのVPNを使ってみたけど満足できなかったといった場合も考えられるので返金保証は必須になります。

海外のVPN

よく日本のVPNと海外のVPNはどっちがおすすめなの?と質問されます。

結論から言うと、圧倒的に海外のVPNを選ぶべきです。

日本と比べて海外のVPNは下記のような強みがあります。

  • VPN会社の規模が大きい
  • 潤沢な研究開発費
  • 世界進出している

VPNといってもセキュリティや通信速度、アプリ対応、メンテナンス、カスタマーサービス対応など多大なコストがかかります。

海外のVPNの方が日本のVPNよりも使いやすさや機能性において大幅に上回っているので、特別な理由がない場合は海外版VPNを選ぶのが最適解です。

料金プラン

実はVPNによって料金プランが違います。

1ヶ月プランはどこでも対応していますが、6ヶ月以降は各VPNによって未対応の場合もあります。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
1ヶ月プラン
6ヶ月プラン
1年プラン
2年プラン
3年プラン

そもそもなぜ半年や年間プランがVPNにはあるのかというと、長期契約するほど割引になるからです。

VPNによっては1年プランで半額2年プランで60%以上OFFのところもあります。

ノーログポリシー

おすすめのVPNを選ぶ際にはノーログポリシーも確認しておくべきです。

ノーログポリシーとは?

ノーログポリシーとは、VPNの利用においてユーザーのIPアドレスや閲覧履歴、位置情報などの記録を保存しないという約束事です。

ノーログポリシーを守れるかどうかはVPNの本社がどの国に該当しているかで決まります。

例えばアメリカやEUでは法律上ノーログVPNであり続けることが難しくなっています。

下記のVPNはアメリカ合衆国やEUを本拠地としていないためノーログポリシーを守れると言われています。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
ノーログポリシー
本拠地パナマ英国領ヴァージン諸島英国領ヴァージン諸島ルーマニアスイス

ノーログVPNとは、インターネット上のトラフィックを記録しないVPNです。ノーログVPNを実行できるVPNの多くはパナマで運営されています。

ログとは?

  • IPアドレス
  • 閲覧履歴
  • セッション時間
  • DNSクエリ
  • VPNサーバー接続
  • アクセスコンテンツ
  • 帯域幅の使用
  • 接続のタイムスタンプ
  • 切断のタイムスタンプ
注意

ノーログポリシーがない=VPNとして不十分ではありません。

ノーログVPNでなくともVPNとしての機能性や価値は十分にあります。

本当に守秘できているかどうかは調べようがないので目安程度にしましょう。

アプリ対応

VPNを利用するデバイスはパソコンだけではありません。

スマホやタブレット、Fire Stick TV、Android TVなどVPNを使うべき場面は多数あります。

  • スマホやPCに対応
  • アプリが使いやすい
  • 互換性

最新のOSやバージョンにVPNの互換性があるのはもちろんのこと機能性や使いやすさは要チェックです。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
アプリ対応

上記の海外VPNであればアプリに対応しているのを確認済みです。

NetflixにおすすめのVPN 5選

NetflixにおすすめのVPN 5選【目的別に徹底比較】

Amazon Fire TV StickにおすすめのVPN

Amazon Fire TV StickにおすすめのVPN 【目的別】

サーバー数

VPNでは、接続できる国の数だけでなくサーバー数も大切です。

なぜサーバー数が重要なのかと言うと、IPアドレスごとアクセス制限を受ける場合があるからです。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
サーバー数60か国5300以上94ヶ国3000以上65か国3200以上90か国7500以上70カ国700以上

例えばVPNでアメリカに接続していたとしてもAサーバーからは接続できないのにBサーバーからは接続できるといった場合があります。

NordVPN
  • YoutubeプレミアムやNetflixを安くしたい
  • 韓国ドラマを視聴したい
  • 海外限定の作品を見たい
  • 海外のサイトへアクセスしたい
  • ダークウェブを閲覧したい

このような理由でVPNを使いたい方はサーバー数を重視しましょう。

プロトコル

VPNではプロトコルも各社によって異なります。

プロトコルとは、取り決めた通信の約束事です。VPNにおけるプロトコルはセキュリティや速度、暗号化などについて文書などで取り決めをおこなっています。

現在VPNで最も多く使われているプロトコルは下記の4つです。

  • OpenVPN
  • IPSec/IKEv2
  • Wireguard
  • SSTP

これらのプロトコルが使われているのであれば基準は満たしています。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
プロトコルOpenVPN
IPSec/IKEv2
NordLynx
LightwayOpenVPN
IKEv2
WireGuard
OpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSEC
Chameleon
OpenVPN
IPSec
WireGuard

NordVPNやExpressVPN、VyprVPNのように自社のプロトコルを採用しているところもあります。

間違ってもL2TP/IPSecやPPTPといったセキュリティに脆弱性のあるVPNは選ばないようにしましょう。

同時接続台数

VPNは1つのデバイスだけでなく複数の端末から同時に接続することが可能です。

例えば2台のスマホやFire Stick TVから同時にVPNに繋げます。

家族や友達といった複数人でVPNを共有する方は同時接続台数を確認しましょう。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
同時接続台数6台5台無制限7台5台

特筆するべき点として、Surfsharkは同時接続台数が無制限となっており大人数でVPNを共有することができます。

同時に5台以上接続しないのであれば考慮する必要はありません。

通信速度

一般的にVPNに接続度はスピードがやや遅くなります。

とはいえYoutubeやNetflixといった動画を視聴する際には再生が止まることはほぼありません。

VPNでオンラインゲームを楽しみたい場合は通信速度を重視しましょう。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
速度高速超高速高速高速高速

実際に複数のVPNを使って動画視聴やゲームをプレイしてみたところ通信速度が圧倒的に速いのはExpressVPNでした。

返金保証

初めてVPNを使う方は不安だらけです。

VPNの使い方がよく分からないので本当に使えるか疑問に感じます。

  • 本当にVPN接続できるか
  • 自分のスマホやPCで使えるか
  • 海外のコンテンツで利用できるか

万一、自分の環境ではVPNを満足に利用することができなかったといった場合のために返金保証は必須です。

VPNによっては返金保証がないものもあります。

しかし商品に自信があるのであれば返金保証は付くはずです。

海外VPNの多くは返金保証があるので安心できます。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
返金保証30日間30日間30日間1ヶ月プラン:14日間
その他:45日間
30日間

NordVPNをはじめとした主要なVPNでは30日間の返金保証があります。

CyberGhost VPNのみ1ヶ月プランは14日間、その他は45日間の返金保証となっているので注意しましょう。

カスタマーサポート

海外のVPNであっても登録は日本語に対応しています。

NordVPNやExpressVPN、Surfshark、CyberGhost VPNは日本語で登録できることを確認しています。

VyprVPNのみ登録も英語なので注意が必要です。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
登録日本語日本語日本語日本語英語
カスタマーサポート翻訳機能あり英語英語英語英語

またNordVPNはトラブルが発生した際にカスタマーサポートへ日本語で問い合わせできます。

チャットに入力した日本語が自動で英語へ翻訳される仕組みです。

VPN初心者の方は日本語で問い合わせ可能なNordVPNは候補に入れておくべきです。

おすすめのVPN ランキング TOP5

これまでに10項目の評価基準でVPNを解説してきました。

おすすめVPNの評価基準

  • 海外のVPN
  • 料金プラン
  • ノーログポリシー
  • アプリ対応
  • サーバー数
  • プロトコル
  • 同時接続台数
  • 通信速度
  • 返金保証
  • カスタマーサポート

あまりにもチェック項目が多すぎて覚えきれないところもありますが、比較表にすると理解できます。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
1ヶ月プラン1,434円約1,496円
($12.95)
1,497円1,480円約1,722円
($15.00)
6ヶ月プラン/月額約1,154円
($9.99)
750円
1年プラン/月額570円約770円
($6.67)
495円約956円
($8.33)
2年プラン/月額390円266円375円
3年プラン/月額265円
速度高速超高速高速高速高速
サーバー数60か国5300以上94ヶ国3000以上65か国3200以上90か国7500以上70カ国700以上
同時接続台数6台5台無制限7台5台
プロトコルOpenVPN
IPSec/IKEv2
NordLynx
LightwayOpenVPN
IKEv2
WireGuard
OpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSEC
Chameleon
OpenVPN
IPSec
WireGuard
ノーログポリシーありありありありあり
アプリ対応/互換性ありありありありあり
日本語対応登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語
登録:英語
サポート: 英語
返金保証30日間30日間30日間1ヶ月プラン:14日間
その他:45日間
30日間
特徴コストパフォーマンス最強速度とサーバー数で他社を圧倒6ヶ月以上なら最安値のVPN1年プランと3年プランは業界最安
ストリーミング専用サーバーあり
20万以上のIPかつ独自のVPNサーバーあり
おすすめ対象初めてVPNを使う方
短期から使いたい方
快適に色々な国の作品を楽しみたい方価格を抑えつつ長く使いたい方色々な国で1年間動画配信を楽しみたい方英語ができる方
アプリは日本語対応

おすすめのVPNをランキング形式で紹介します。

第1位 NordVPN

NordVPNは料金プランが安価でありながらも高い機能性を保持しています。

サーバー数は60ヶ国5300以上と他社に引けを取りません。

プロトコルには自社のNordLynxもある上にサポートは日本語で行えます。

NordVPN

初めてのVPNなら、コレを選べば間違いなし!

NordVPNは料金や機能性だけでなく、あらゆる動画配信に万能なVPNです。

30日間返金保証

料金1か月プラン (¥1,434/月)
1年プラン (¥590/月)
2年プラン (¥495/月)
速度独立研究機関のAV-TEST GmbHによると、NordVPNは市場最速のVPN
サーバー台数約60か国に5300台の超高速サーバーを設置
同時接続台数6台
プロトコルOpenVPN
IPSec/IKEv2
NordLynx
ノーログポリシーあり
信頼性Forbes,The Wall Street Journalなどの一流ブランドと提携
保証30日間の返金保証でリスクなし
使いやすさワンタップでサーバーを変更できる
アプリ対応Windows、macOS、Android、iOSなど全てのOSに対応
PC、スマホ、ルーター、ゲーム機と互換性があり
特徴1ヶ月プランが業界安値でありながらも機能性がTOPレベル
おすすめ対象初めてVPNを使う人
VPNを安く利用したい人

実際にNordVPNをアプリから使ってみると、ユーザビリティに優れているのが伝わります。

アプリからワンタップでサーバーを変更できます。

NordVPNのデメリットを挙げるならば、CyberGhost VPNのように3年プランがない点です。

動画視聴も問題ない上にYoutubeプレミアムやNetflixでも大活躍するので文句のつけようがありません。

実際に当サイトでは、NordVPNを使ったストリーミングサービスの楽しみ方を紹介しています。

この価格帯でここまでの機能性を有しているのはNordVPNだけです。

アプリから変更するサーバーを選ばせてほしいなどの改善点はありますが、そこを差し引いても使うべき価値のあるVPNと言えます。

第2位 Surfshark

Surfsharkは6ヶ月以上の月額料金が安い上に同時接続台数が無制限です。

複数人でVPNを利用したい方はSurfsharkを選ぶことで快適にVPNが利用できます。

Surfshark

VPNを6ヶ月以上使い続けるなら、ここで決まり!

Surfsharkは6ヶ月〜2年以内の月額料金が最も安いVPNです。

30日間返金保証

料金1か月プラン (¥1,497/月)
6か月プラン (¥750/月)
2年プラン (¥266/月)
速度CleanWebで広告の読み込みを停止することで速度を向上
サーバー台数約65か国に3200台以上のサーバー
同時接続台数無制限
プロトコルOpenVPN
IKEv2
WireGuard
ノーログポリシーあり
信頼性無名のブランドから、1年で世界トップ5のVPNに至る 
保証30日間の返金保証
使いやすさ国リストからサーバーや静的IPを選択可能
アプリ対応Windows PC、Mac、Android、Android TV、iOS、Linux、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV、Apple TVなど
特徴業界TOPレベルのセキュリティなのに6ヶ月・2年プランが業界安値
おすすめ対象VPNを半年以上使う方
複数人で同時に利用する方

第3位 ExpressVPN

ExpressVPNは自社製のプロトコルLightwayを採用することで業界TOPレベルの通信速度を実現しています。

動画やゲームで頻繁にVPNを使う方はExpressVPNを利用するのがベストです。

ExpressVPN

業界最速のVPNなら、ココしかない!

ExpressVPNは速度No1の実績あり
とにかく動画を快適に見たい方はExpressVPNが最適解です。

30日間返金保証

料金1か月:約1,496円 ($12.95)
6ヶ月: 約1,154円 ($9.99)
1年:約770円 ($6.67)
速度圧倒的な速度を実現
サーバー台数94ヶ国3000以上
同時接続台数5台
プロトコルLightway
ノーログポリシーあり
セキュリティアメリカ政府が採用している暗号規格と同じAESとと256ビット鍵
信頼性信頼度No.1のVPN 
保証30日間の返金保証
使いやすさPC版はスマホアプリのように簡単接続
アプリ対応Windows、Mac、Linux、Android、iOS、ルーター,Amazon fire TV、Apple TVなど
特徴速度に特化したVPN
おすすめ対象何よりも速度を重視で選びたい方

第4位 CyberGhost VPN

ストリーミングサーバー専用のVPNが用意されているのはCyber Ghost VPNだけです。

同時接続台数も7台と多めの設定をしており、1年プランと3年プランがお得な料金で設定されています。

CyberGhost VPN

唯一ストリーミング専用サーバーがあるVPN!

Cyber Ghostは1年プランと3年プランが最安のVPNです。

返金保証あり

料金1か月プラン (¥1,497/月)
1年プラン (¥495/月)
2年プラン (¥375/月)
3年プラン (¥265/月)
速度世界中どこでも文句なしの通信速度を保証
サーバー台数90か国7500以上
同時接続台数7台
プロトコルOpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSEC
ノーログポリシーあり
信頼性CNN、BBC、Forbesなどの海外メディアが利用 
保証1ヶ月プラン:30日間の返金保証
それ以外:45日間の返金保証
使いやすさストリーミングサービスへ簡単接続
アプリ対応Windows 、Mac、Android 、iOS、Linux、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV、Apple TVなど
特徴1年プランと3年プランが業界安値のVPN
ストリーミング専用サーバーあり
おすすめ対象イギリス、ドイツ、アメリカ、イタリア、日本、スウェーデン、フランスで見たい方

第5位 Vypr VPN

Vypr VPNはプロトコルに自社製のカメレオンを採用しており、トラッキングを残すことなくインターネットを利用することが可能です。

VPN本来の機能性を追求したいのであればVypr VPNで決まりです。

Vypr VPN

VPNの機能性を重視して動画を視聴したい人にオススメ!

VyprvpnのカメレオンプロトコルならVPNトラフィックを隠すことが可能です。

30日間返金保証

料金1か月プラン: ¥1,722/月 ($15.00)
1年プラン: ¥956/月 ($8.33)
速度最速サーバーあり
サーバー台数70カ国700以上
同時接続台数5台
プロトコルChameleon
OpenVPN
IPSec
WireGuard
ノーログポリシーあり
セキュリティ VyprVPNによって作られたDNSとカメレオンプロトコルを使用
信頼性Tom’s guide、Techradar、WIREDが利用
保証30日間の返金保証
使いやすさ優れたUIで簡単接続
アプリ対応Windows 、Mac、Android 、iOS、Linux、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV、Apple TVなど
特徴使いやすさと機能性を重視
アプリは日本語対応
おすすめ対象VPNに機能性を求めたい方

まとめ

おすすめのVPNは目的によって異なります。

VPNの料金や機能性、通信速度など比較する項目が多い上に選びにくい事実はありますが、目的に優先順位をつけることで80点以上を取ることができます。

またVPNには返金保証があるので試してみるのが最も手っ取り早い解決策です。

NordVPNやSurfsharkから選んでおけば失敗することはありません。

her
her

おすすめのVPNはNordVPNかSurfsharkが最適解

コメントを残す

CAPTCHA


error: