NordVPNの評判とレビューを徹底解説【おすすめプランは?】

VPNを初めて使いたい方にとってNordVPNは候補に挙がります。

なぜならNordVPNは料金プランが安く機能性に優れたVPNだからです。

  • 有料VPNを安く使いたい
  • ストリーミングサービスを楽しみたい
  • サーバーを気軽に変更したい

NordVPNはあらゆるユーザーのニーズを満たしたVPNとなっており、プロトコルには自社製のNordLynxが使われています。

しかし価格だけでNordVPNに決めるのはオススメできません。

VPNは本来インターネットを安全に利用するためにIPアドレスや位置情報を変更することを目的としているからです。

プロトコルやノーログポリシーといった専門用語はVPN初心者とっては意味不明です。

VPNは種類が多くネット上には同じような情報が溢れています。何を基準に選んでいいのかよく分かりません。

  • NordVPNはどんな人にオススメ?
  • NordVPNの特徴を知りたい
  • NordVPNのメリット・デメリットは?
  • NordVPNの評判やレビューはどう?
  • NordVPNの使いやすさは?

結論から言うと、NordVPNはコストパフォーマンスを重視する方におすすめのVPNです。

NordVPNは料金プランアプリの使いやすさ日本語サポートにおいて他社よりも優れています。

アプリからサーバーを変更できるのはNordVPNの強みです。

NordVPNと他社のVPNとの違いを比較してレビューするために全て購入しました。

NordVPNを10の評価項目から忖度なしで解説することでメリットデメリットを明らかにします。

NordVPNでおすすめのプランは?
VPNだけを利用したいのであればスタンダードプランがおすすめです。

NordVPNとは? 他社と比較したレビュー・評判

NordVPNとは、個人向けのVPN (仮想プライベートネットワーク)に特化したサービスプロバイダです。

サービス開始日は2012年3月13日と10年以上の歴史があり、VPN業界の中でも古参になります。

NordVPNはアンドロイドアプリをリリースした後にiOSやブラウザの拡張機能に参入することで業界大手になりました。

2019年7月には自社製のプロトコル「NordLynx」をリリースすることで従来のOPENvpnやIPsecよりも優れたパフォーマンスを出しています。

2022年現在はAndroid/iOS/Windows/ブラウザだけでなくAndroid TVやAmazon Fire TV、Linuxでもアプリ対応しています。

NordVPNは海外VPNの中でもメリット・デメリットがはっきりしたVPN


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
1ヶ月プラン1,380円1,398円約1,717円
($12.95)
1,639円1,790円
6ヶ月プラン/月額約1,325円
($9.99)
1年プラン/月額570円〜418円約884円
($6.67)
509円590円
2年プラン/月額460円〜241円319円450円
3年プラン/月額320円
速度超高速高速超高速高速高速
サーバー数59か国5400以上44か国750以上94か国3000以上65か国3200以上90か国7500以上
同時接続台数6台無制限5台無制限7台
プロトコルOpenVPN
IPSec/IKEv2
NordLynx
WireGuard
IPSEC/IKEV2
Private DNS
P2P friendly
LightwayOpenVPN
IKEv2
WireGuard
OpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSEC
ノーログポリシーありありありありあり
アプリ対応/互換性ありありありありあり
日本語対応登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート: 英語
登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語
返金保証30日間30日間30日間30日間1ヶ月プラン:14日間
その他:45日間
特徴コストパフォーマンス最強価格と利便性に特化したVPN速度とサーバー数で他社を圧倒同時接続台数とサーバー数で差別化3年プランは業界最安
ストリーミング専用サーバーあり
おすすめ対象初めてVPNを使う方
短期から使いたい方
長期間VPNを安く使いたい方速度を重視したい方価格と機能性で選びたい方動画配信を中心に楽しみたい方
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※為替による価格変動あり

客観的なデータに基づいてNordVPNをレビューするために10の指標を使います。

  1. 料金プラン
  2. ノーログポリシー
  3. アプリ対応
  4. サーバー数
  5. プロトコル
  6. 同時接続台数
  7. 通信速度
  8. 返金保証
  9. カスタマーサポート
  10. 動画配信サービス

VPNについて知っておくべき基礎知識は下記の記事で網羅的に解説しています。

VPNとは? スマホで接続するメリットや仕組みをわかりやすく解説

VPNとは? スマホで接続するメリットや仕組みをわかりやすく解説

料金プラン

NordVPNの料金プランは競合他社と同じように月額プラン年間プランがあります。

  • 1ヶ月プラン
  • 1年プラン
  • 2年プラン

比較表から読み取れるようにNordVPNは1ヶ月プランが業界安値です。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
1ヶ月プラン1,380円1,398円約1,717円
($12.95)
1,639円1,790円
6ヶ月プラン/月額約1,325円
($9.99)
1年プラン/月額570円〜418円約884円
($6.67)
509円590円
2年プラン/月額460円〜241円319円450円
3年プラン/月額320円
※為替による価格変動あり

VPN初心者の方でも気軽にお試しできるように1ヶ月プランの料金が低く設定されています。

また通常のスタンダードプランに加えて上位のプラスプランコンプリートプランが存在します。

VPNの追加機能がパッケージングとして販売されているのはNordVPNだけです。

スタンダードプランプラスプランコンプリートプラン
1ヶ月プラン1,380円1,470円1,620円
1年間プラン/月額570円650円800円
2年間プラン/月額380円460円610円
基本機能安全かつ高速なVPN
マルウェアからスマホを保護
トラッカー&広告ブロッカー
安全かつ高速なVPN
マルウェアからスマホを保護
トラッカー&広告ブロッカー
安全かつ高速なVPN
マルウェアからスマホを保護
トラッカー&広告ブロッカー
追加機能パスワード管理アプリ
情報漏洩スキャナー
パスワード管理アプリ
情報漏洩スキャナー
1TBのクラウドストレージ
※為替による価格変動あり

上位プランはVPN以外のアプリやツールを提供するプランになっているのでVPNの性能には差がありません。

スタンダードプラン

NordVPNのスタンダードプランとは、VPNのみが使える通常プランです。

  • 安全かつ高速なVPN
  • マルウェアからスマホを保護
  • トラッカー&広告ブロッカー

スタンダードプランはIPアドレスやサーバーの変更といったVPNを利用する上で欠かせない機能が使える標準的なプランとなっています。

プラスプラン

NordVPNのプラスプランとは、スタンダードプランに加えてセキュリティを高めるアプリやツールが使える上位プランです。

  • クロスプラットフォーム対応のパスワード管理アプリ
  • 情報漏えいスキャナー

クロスプラットフォーム対応のパスワード管理アプリでは、利用中の全てのデバイス間でパスワードを同期できます。

パスワード管理アプリを使っていない方にはおすすめです。

情報漏えいスキャナーはクレジットカード情報やパスワード、メールアドレスといった個人情報が流出した際に通知してくれるツールです。

普段利用しているメールアドレスがすでに流出していた場合にもお知らせが入ります。

コンプリートプラン

NordVPNのコンプリートプランとは、プラスプランの機能に加えてプライベートなクラウドストレージが利用できるプランです。

  • 1TBの暗号化されたクラウドストレージ

NordVPNのクラウドストレージはファイルが暗号化されることで強固なセキュリティを維持することができます。

使っているデバイス間でもファイルの共有が安全になります。

ノーログポリシー

NordVPNの本拠地はノーログポリシーで信頼性のあるパナマです。

VPNを利用する際に提供者(NordVPN)が利用者のIPアドレスや閲覧履歴などの記録を保存しない約束事です。

ノーログポリシーを宣言したVPNは「ノーログVPN」と呼ばれています。

ノーログポリシーをVPNの提供者が遵守できるかは本拠地によって確認できます。

EUやアメリカ合衆国では、ノーログVPNを違法としています。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
ノーログポリシーありありありありあり
本拠地パナマアメリカ英国領ヴァージン諸島英国領ヴァージン諸島ルーマニア

NordVPNはデータ保持法のないパナマで運営されているためノーログVPNを提供することが可能です。

2020年にNordVPNは独立した専門機関PricewaterhouseCoopers AG社によって監査が行われユーザーの個人情報を収集・記録していないことが証明されました。

ログの種類

  • 閲覧履歴
  • IPアドレス
  • ダウンロード履歴
  • 使用ソフトウェア

無料・有料を問わずノーログVPNを主張するのは簡単です。NordVPNは第三者機関にノーログVPNと証明されたので信頼性があるVPNです。

アプリ対応

2012年に設立されたこともあってNordVPNはあらゆるデバイスにアプリ対応しています。

2016年5月下旬には他社に先駆けてAndroidのアプリが配信されました。

一部のVPNではブラウザやTV/モニターなどに対応しきれておりません。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
スマホiOS
Android
iOS
Android
iOS
Android
iOS
Android
iOS
Android
パソコンWindows
macOS
Linux
Windows
macOS
Windows
macOS
Linux
Windows
macOS
Linux
Windows
macOS
Linux
ブラウザChrome
Firefox
Edge
FirefoxChrome
Firefox
Edge
Chrome
Firefox
Edge
Chrome
Firefox
Edge
ゲームXbox
Playstation
Nintendo Switch
Playstation
Nintendo Switch
Xbox
Playstation
Nintendo Switch
Xbox
Playstation
Nintendo Switch
Xbox
Playstation
Nintendo Switch
TV/モニターAndroid TV
Fire TV Stick
Apple TV
Android TV
Fire TV Stick
Android TV
Fire TV Stick
Apple TV
Android TV
Fire TV Stick
Apple TV
Android TV
Fire TV Stick
Apple TV

iPhoneとMacでNordVPNのアプリを使ってみたところ、簡単に日本へ接続できました。

iPhone

スマホのアプリでは国リストから日本を選ぶだけでVPNに接続できます。

検索や地図上から接続先を選べるので使いやすさNo1です。

Mac

PCのアプリでは国リストで日本をクリックすることでVPNに接続します。

スマホのアプリと同様に地図上からも接続したい国を選ぶことが可能です。

サーバー数

NordVPNのサーバー数は59国にわたって5400以上と業界平均以上と言えます。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
サーバー数59か国5400以上44か国750以上94か国3000以上65か国3200以上90か国7500以上

NordVPNは他社と違ってアプリ上から簡単にサーバーを変更できます。

一般的なVPNでサーバーを変更するには、VPNを切断して再接続する必要があります。

iPhone

アプリ上からワンタップでサーバーを変更できるのはNordVPNだけです。

Mac

PCのアプリではスマホ版と違ってサーバーが選べます。

日本では102種類のサーバーから接続先を決められる上にお気に入りに追加もできます。

Netflixなどの動画配信サービスでは、VPNで視聴したい国に接続しているのにその国のコンテンツが見れない場合があります。その際にサーバーの変更が必要です。

同時接続と料金プランではAtlasVPNの方がお得に見えます。

しかしAtlasVPNではサーバー数が44か国750以上とNordVPNよりも少なくなっています。

どうしても料金を抑えて有料VPNを利用したい方のみオススメです。

AtlasVPNの評判とレビューを徹底解説【リアルなロコミは?】

Atlas VPNの評判とレビューを徹底解説【リアルなロコミは?】

プロトコル

NordVPNでは、自社製のプロトコル「NordLynx」を使っています。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
プロトコルOpenVPN
IPSec/IKEv2
NordLynx
WireGuard
IPSEC/IKEV2
Private DNS
P2P friendly
LightwayOpenVPN
IKEv2
WireGuard
OpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSEC

プロトコルとは、取り決めた通信の約束事を意味します。VPNにおけるプロトコルはセキュリティや速度、暗号化などについての取り決めです。

NordLynxとは、WireGuardをベースとしたNordVPN独自のプロトコルです。NordLynxの特徴としてはプライバシーの保護やセキュリティ、通信速度に優れています。

一般的なVPNプロトコルであるOpenVPNやIPSec/IKEv2、Wireguard、SSTPよりも速いスピードが出ます。

引用:NordVPN

NordVPNのテスト結果によると、ダウンロード速度の平均値と中央値はNordLynxの方がOpenVPNやIKEV2よりも高くなっています。

VPNで接続する国とインターネットを利用する国の距離が遠い場合でもNordLynxの優位性は変わりません。

引用:NordVPN
引用:NordVPN

ダウンロード速度とアップロード速度では、NordLynxの方がIKEv2やOpenVPNよりも最大2倍速くなっていることが読み取れます。

同時接続台数

NordVPNは1つのアカウントで、同時に6台のデバイスをVPNに接続できます。

  • 家族でVPNを使いたい
  • 自宅や外出先で利用したい
  • 複数の端末を持っている

一人だけでもNordVPNを利用していれば複数人のセキュリティが高められるのはメリットです。

NordVPNの同時接続台数はAtlas VPNやSurfsharkのように無制限ではありません。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
同時接続台数6台無制限5台無制限7台

他社に比べて同時接続台数が少ないのはデメリットになります。

同時に6台以上VPNに接続するのであれば注意が必要です。

信用している相手とアカウントを共有するのは問題ありません。

料金プランとサーバー数ではSurfsharkが競合になります。

Surfsharkは同時接続台数が無制限であるもののアプリ上から簡単にサーバーを変更することはできません。

Surfsharkの評判とレビューを徹底解説【ロコミや安全性は?】

Surfsharkの評判とレビューを徹底解説 【ロコミや安全性は?】

通信速度

VPN接続ではデータを暗号化してインターネット上で送受信を行う際に仮想の通信トンネルを構築するので速度が遅くなります。

VPNに接続することで速度が遅くなる理由は5つ

  1. VPNサーバーとの距離
  2. サーバーへの負荷
  3. データの暗号化
  4. MTUの調整不良
  5. バックグラウンド実行

VPNサーバーとの距離

VPNで接続する国を現在地から離れた国に選択するほど物理的な距離が遠くなるため速度が低下します。

日本にお住まいの場合はアメリカよりも日本サーバーへ接続した方が速度が出ます。

サーバーへの負荷

サーバーには処理できる容量に限界があります。複数人で同時に一つのサーバーを利用するほど速度低下の原因になります。

NordVPNでは59か国5400以上にわたってサーバーを提供することで高い速度を実現しています。

データの暗号化

VPN接続ではデータの暗号化に時間がかかります。暗号化が複雑であればあるほど通信速度が遅くなります。

データの暗号化にかかる処理速度を早めるにはプロトコルを変えるのが一番です。

MTUの調整不良

MTUとは、Maximum Transmission Unitの略でネットワークにおいて1回の転送で送信できるデータの最大値を示す単位のことです。

VPNで送信するデータ量がMTUの最大値を超えた場合は通信速度が低下します。

バックグラウンド実行

バックグラウンド実行とは、現在使用中のプログラムやアプリとは別にその裏で実行されているプログラムをのことです。

主にOSやソフトウェアのアップデートが含まれます。

NordVPNではスピードに特化した自社製のプロトコル「NordLynx」のおかげで従来のVPNよりも高速にインターネットを利用できます。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
速度超高速高速超高速高速高速

59か国5400以上のサーバーから高いセキュリティとスピードでVPNに接続できるのはNordVPNの強みです。

アプリ上からサーバーを切り替えられるのもNordVPNにしかないメリットになります。

返金保証

NordVPNでは、他社のVPNと同様に良好な状態のアカウントに対して30日間の返金保証ポリシーを提供しています。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
返金保証30日間30日間30日間30日間1ヶ月プラン:14日間
その他:45日間

NordVPNの利用規約には次のように記載されています。

「返金を希望される場合は、当社サービスの購入後30日以内であれば、返金が可能です。当社は、適用される法律に別段の定めがない限り、お客様が更新後に本サービスをキャンセルした場合、定期的なサブスクリプションの支払いに対する返金を認めておりません。」

NordVPN 利用規約 項目6

注意点としてはiPhoneでアプリ内課金をした場合の返金はApp Storeサポートでの対応になります。

カスタマーサポート

NordVPNは24時間365日カスタマーサポートを行なっています。

メールまたはチャットで3つのサポートチームへお問い合わせが可能です。

  1. 一般情報
  2. 請求
  3. トラブルシューティング

一般情報

一般情報では、NordVPNのサービスや機能に関するお問い合わせに対応しています。

NordVPNにアプリから接続するためのデバイス設定やストリーミングサイトへのアクセス方法も一般情報での対応です。

請求

請求ではNordVPNのお支払い全般についてのサポートを行なっています。

サブスクリプションやお支払い、請求書、返金などが該当します。

トラブルシューティング

VPNの使用に関する接続、ログイン方法、ルーターの設定、バグなどのトラブルに対応しています。

NordVPNはパナマを拠点としながらも日本語で問い合わせることが可能です。

日本語で入力した文章は自動的に英語へ翻訳される仕組みとなっています。


NordVPN

Atlas VPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost
日本語対応登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート: 英語
登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語

スマホのアプリからでも簡単にお問い合わせが可能です。

初めてVPNを使うけど、トラブルがあった際にはきっちりサポートしてほしい方にとってNordVPNは心強い味方です。

チャットはメッセージを送信することでカスタマーサポートの担当者に繋がります。

動画配信サービス

VPNを利用することで海外限定の配信を視聴できるようになります。

Netflixでジブリやハリーポッターが見れるのは有名な話です。

またYoutubeプレミアムやNetflixをお得に利用できます。

ストリーミングサービスによってはVPN各社へ規制を進めています。IPアドレスごとアクセス制限をかけられている場合があるのでサーバーを変更できる機能は必須です。

NordVPNではアプリから手軽にサーバーを変更できるのでジオブロを回避できます。

NordVPNのメリット・デメリット

NordVPNを10の項目からレビューして明らかになったメリット・デメリットをまとめます。

メリット
  • 1ヶ月プランが他社より安い
  • ノーログポリシーが証明されている
  • サーバーがワンタップで変更可能
  • 自社のプロトコルNordLynxを提供
  • 日本語でカスタマーサポートに相談可能
  • あらゆる動画配信で活躍
デメリット
  • プランが豊富で分かりにくい
  • 同時接続台数が6台と控えめ

NordVPNのメリットを一言で表すと、コスパ最強のVPNです。

VPNを使うならあって欲しい機能性が全て手に入ります。

プランで迷った場合はスタンダードプランにしましょう。

スタンダードプランであればNordVPNが一番安く利用できます。

NordVPNのロコミ・評判は?

実際にNordVPNを使った人たちのロコミは下記のようになります。

H Sana

2022年4月20日

素晴らしいVPNです。アプリの使い心地にも大変満足しています。直感的で分かりやすいのが良いです。 通信品質は大変優れています。ネットワークが中断することも無く、動画をストリーミングしているときもカクつかず、スムーズに動画を視聴できます。 NordVPNを導入してから、視聴できる動画コンテンツの幅が大きく広がりました。オススメです。

Google Play

あすぺるぎるすおりぞう

2022年8月16日

接続速度に不満は有りません。速度だけであれば他にも優れているものもあるかもしれませんが、なによりも安定性が信頼出来ます。サーバーの数もトップクラスだし自分的に総合的には最良のVPNだと考えています。

Google Play

阪神甲子園

2021年11月25日

サーバー数が競合他社と比べ圧倒的に多いのと、東南アジア・北米サーバーのDL/UL速度が速いのはグッド(NordLynx使用) Windows版は簡単に任意の接続サーバー(Country #xxxのこと)を選べるのに、Android版だと一々検索しないといけないのが面倒くさいかな。 一定時間ごとに接続したサーバーをランダムに変えることが出来れば良いのにって思います

Google Play

いいと思います/要望

2022/04/25

PCから12ヶ月分のサービスを購入。導入は既存アカウントのログインのみで即座に使用できます。アプリはIFが優れていて、とても使いやすいです。ただしPC版と比べると自動接続の信頼性がやや不安。スリープからの復帰時に接続が切れてしまうケースがあり、心許ないです(他社のVPNでも起こる現象なのでios側の問題?)。一時的にVPNを停止した際には再接続されることなくログアウトすることもありました。特殊なケースですが、ios版は他のVPNソフトと同時起動してしまうと自動接続/切断を高サイクルで繰り返す誤動作が見られました。要望:サーバーによっては正常に通信できるゲーム/サイトにバラツキがあるので、国内サーバーを一覧で表示させる選択式になると嬉しいです。

App Store
NordVPN
 (4.7)

初めてのVPNなら、コレを選べば間違いなし!

NordVPNは料金や機能性だけでなく、あらゆる動画配信に万能なVPNです。

30日間返金保証

料金1か月プラン (¥1,380~/月)
1年プラン (¥570~/月)
2年プラン (¥460~/月)
速度独立研究機関のAV-TEST GmbHによると、NordVPNは市場最速のVPN
サーバー台数約59か国に5400台の超高速サーバーを設置
同時接続台数6台
プロトコルNordLynx
OpenVPN
IPSec/IKEv2
ノーログポリシーあり
信頼性Forbes,The Wall Street Journalなどの一流ブランドと提携
保証30日間の返金保証でリスクなし
使いやすさワンタップでサーバーを変更できる
アプリ対応Windows、macOS、Android、iOSなど全てのOSに対応
PC、スマホ、ルーター、ゲーム機と互換性があり
特徴1ヶ月プランが業界安値でありながらも機能性がTOPレベル
おすすめ対象初めてVPNを使う人
VPNを安く利用したい人
※為替による価格変動あり

おすすめの有料VPNランキング

有料のおすすめVPN ランキング 【TOP6】

YoutubeプレミアムにアルゼンチンからVPNで月額129円にする方法

Youtubeプレミアムをアルゼンチンから月額129円にする方法

コメントを残す

CAPTCHA


error: