【プロが解説】中国で使えるおすすめVPN 7選!規制強化や違法性は?

記事内に広告を含みます

中国に旅行や出張、留学で行くならVPNはパスポートと同じくらい重要です。

日本で日常的に使えるGoogleやTwitter、Youtubeは中国政府の金盾(グレート・ファイアウォール)によって規制さているため利用できません。

中国で下記のサービスを使いたいなら要注意です。

  • Gmailを仕事で使いたい
  • ネット銀行で振り込みをしたい
  • インスタで写真を投稿したい
  • LINE(ライン)で連絡を取りたい

世界的に人気のあるサービスが規制される背景には、中国政府によるインターネットの監視、検閲、ブロックがあります。

中国では、政府によって認可されたサービスしか使えません。

結論から言うと、VPNを利用することで中国でSNSやネットバンク、Googleサービスが利用可能になります。

なぜならVPNを使うことでアクセス元やIPアドレスが変更され、中国政府による規制を回避できるからです。

しかし中国国内で利用できるVPNは限られている上に、VPN各社への規制が進んでいます。

本記事では、中国からSNSやネットバンクを利用できるVPNを紹介します。

  • 本当に中国で使えるVPNを知りたい
  • 中国で使えるおすすめのVPNは?
  • 中国でGoogleやインスタを使いたい
  • ネットバンクに使えるVPNは?
  • 違法性や規制強化の現状は?

このような気持ちの方は、本記事を読むことで中国で規制されているサービスをVPNで利用できるようになります。

中国から日本のサービスを使うには?
VPNで日本に接続することでGoogleやFacebook、ネットバンクが使えるようになります。
中国でVPNの利用は違法?
中国ではVPNの利用に違法性はありません。
中国でVPNの利用は規制強化されてる?
中国当局によるVPNの規制強化は進んでいます。

中国でVPNが必要な理由

中国でGoogleや2ちゃんねるなどのサービスが利用できなくなったのは、1993年に中国政府によって立てられた国家戦略「金盾プロジェクト」の影響です。

金盾とは?

金盾(グレート・ファイアウォール)とは、中国政府が有害と判断した情報へのアクセスを制限するインターネット上の監視・検閲のことです。

中国は世界で最も厳しいインターネット検閲を行なっていると言われています。

グレート・ファイアウォールの影響は絶大です。

日々のアップデートはもちろんのこと、中国国民による情報へのアクセスもコントロールされています。

中国で情報アクセスが規制される理由は?
一般的には、中国政府への反感を国民に抱かせないようにするためと言われています。
中国でVPNが完全に違法とならない理由は?
中国国内の企業は外国企業と取引をする際にVPNを使う必要があるため完全には制限されていません。
Youtubeプレミアムに安く入る方法【ウクライナVPN】 netflix vpn turkey 【決定版】NetflixをVPNで安くトルコから月額443円で登録する方法

中国で使えないサービス

実際にどれだけのサービスが中国で規制されているのかというと、世界的に有名なサービスはまず使えません。

中国で使えないサービス

  • Google
  • Twitter
  • Youtube
  • Netflix
  • Wikipedia
  • FaceBook (フェイスブック)
  • Instagram (インスタグラム)
  • LINE (ライン)
  • Yahoo (ヤフー)
  • BBC

Googleサービス (Gmail、Google検索、Googleマップ)が使えないのは相当きついです。

そのため中国では上記のサービスを利用するのにVPNを使います。

VPNとは?

VPNとは、Virtual Private Networkの略で仮想的なネットワークに接続することをいいます。

VPNに接続することで中国政府に規制された外部サービスが使えます。

VPNとは? スマホで接続するメリットや仕組みをわかりやすく解説

VPNとは? スマホで接続するメリットや仕組みをわかりやすく解説
注意

中国へ渡航する際は、入国前にVPNを手に入れる必要があります。

中国へ入国後はApp StoreからVPNアプリをダウンロードすることはできません。

中国で使えるおすすめのVPN

実際に利用したサービスの中から中国におすすめのVPNを7つ紹介します。


MillenVPN

NordVPN

AtlasVPN

ExpressVPN

Surfshark

CyberGhost

VyprVPN
1か月プラン1,580円1,880円〜1,573円約1,938円
($12.95)
2,306円1,790円約2,161円
($15.00)
6か月プラン/月額約1,495円
($9.99)
1,000円
1年プラン/月額540円710円〜534円約1,245円
($8,32)
595円1,200円
($8.33)
2年プラン/月額360円450円〜241円372円310円
速度超高速超高速高速超高速高速高速高速
サーバー数72か国1,300以上59か国5,600以上44か国750以上94か国3,000以上65か国3,200以上91か国9,200以上70か国700以上
同時接続台数10台6台無制限5台無制限7台5台
プロトコルIKEv2
IPSec
OpenVPN
NordLynx
OpenVPN
IPSec/IKEv2
WireGuard
IPSec/IKEv2
Private DNS
P2P friendly
Lightway
OpenVPN
L2TP/IPsec
IKEv2
OpenVPN
IKEv2
WireGuard
OpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSec
Chameleon
OpenVPN
IPSec
WireGuard
ノーログポリシーありありありありありありあり
アプリ対応/互換性ありありありありありありあり
日本語対応あり登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート: 英語
登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語
登録:英語
サポート: 英語
返金保証30日間30日間30日間30日間30日間1ヶ月プラン:14日間
その他:45日間
30日間
特徴コスパ最強の国内VPN
世界最速のTier1接続
自社製プロトコルで他社と差別化価格と利便性に特化したVPN速度とサーバー数で他社を圧倒同時接続台数とサーバー数で差別化ローケーションとサーバ数でNo1
ストリーミング専用サーバーあり
20万以上のIPかつ独自のVPNサーバーあり
おすすめ対象初めてVPNを使う方
海外から日本のサービスを楽しみたい方
海外VPNを機能性で選びたい方海外VPNをとにかく安く使いたい方速度を重視したい方価格と利便性で選びたい方多数の国からVODを見たい方英語ができる方
匿名性を重視する方
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※海外VPNは為替による価格変動あり

中国で使えるVPNを決めるにあたっては有名なVPNや海外VPNといった理由で選ばないようにしましょう。

  • すでに中国政府から対策されている
  • 通信速度が遅い
  • ほぼアップデートされていない

中国はVPN規制に力を入れており、昨日まで使えたVPNが今日では使えないといったことが日常的にあります。

中国でVPNを利用する方は次の条件で選ぶべきです。

  • 実際に中国で使える
  • サーバー数が多い
  • 頻繁にアップデートしている
  • 安定した通信速度
  • スマホ/PCにアプリ対応

この条件を満たした上で料金の安いVPNを選びましょう。

中国におすすめのVPNを紹介する上で実際に複数のVPNを使って使用感をチェックしました。

最新情報も取り入れたランキングを3位まで発表します。

第1位 MillenVPN

MillenVPNは株式会社アズポケットが運用する国産VPNで通信品質に優れています。

NTTコミュニケーションズや米国A&Tが属する最高品質のTier1ネットワークに接続できる唯一のVPNです。

MillenVPNの強みは品質と価格にあります。

  • 料金が安い国産VPN
  • 世界に15社しかないTier1ネットワーク
  • OpenConnectで中国に対応
  • 72か国に1,300以上の高速サーバー
  • アプリ対応

国産VPNなのでトラブルのサポートから解決まで完全に日本語で行えます。

MillenVPN
 (4.8)

信頼と実績のある日本製VPNなら、ココで決まり!

MillenVPNは価格と通信品質に特化したVPN。NTTコミュニケーションズが属するTier1ネットワークやCisco社が開発したOpenConnectなら中国で使えること間違いなし。

安心の30日間返金保証

料金1か月プラン (¥1,580/月)
1年プラン (¥540/月)
2年プラン (¥360/月)
速度業界TOPレベルの通信速度
サーバー台数72か国1,300以上
同時接続台数10台
プロトコルIKEv2
IPSec
OpenVPN
ノーログポリシーあり
セキュリティ米軍と同じAES-256暗号化規格
信頼性「mixhost」サーバー運営のアズポケット株式会社
保証30日間の返金保証でリスクなし
使いやすさシンプルなUIで簡単接続
アプリ対応Windows、Mac、Android、iOS
特徴世界最速のTier1接続
国内でコスパ最強のVPN
おすすめ対象初めてVPNを使う方
品質重視で選びたい方

MillenVPNが中国で使えるおすすめVPNでランキング1位に選ばれた理由は最新の情報にあります。

MillenVPNでは、規制が進む中国においてより安定した接続ができるようOpenConnectに対応されました。

OpenConnectとは?

OpenConnect (オープンコネクト)とは、Cisco社によって開発されたオープンソースソフトウェアのVPN接続です。

OpenConnectの特徴としては、TLSを使ってルーティングの認証を行った後にDTLSでトラフィックを暗号化します。

VPN接続の中でもOpenConnectは費用が高く資本のある大手企業しか導入できません。

開発したCisco社 (シスコシステムズ)は世界トップレベルのネットワーク機器開発会社でNASDAQに上場しています。

これだけの通信品質を保ちながらもMillenVPNは料金が他社VPNよりも安く設定されています。

サーバー数は72か国1,300以上と中国で利用するには十分であり、アプリの使いやすさも優れています。

万一、中国で使えなくても「サーバー情報を更新」でIPアドレスの変更が可能です。

MillenVPNのデメリットとしては、アプリ対応の少なさが挙げられます。

しかしスマホ(iPhone/Android)やPC (Windows/Mac)に対応しているのでビジネスや旅行で中国を訪れる場合は十分です。

最新の中国政府によるネットワーク規制にも対応しているので品質重視で中国VPNを選びたい方はMillenVPNがおすすめです。

ハネナバス

2021年10月27日

特に不満なく利用出来ています。

特に設定も無くて使いやすいです。

App Store

あみぐら

2021年4月2日

日本語対応していて使いやすい。

海外のVPNアプリを使うのは少し不安だったので、こちらを利用してみました。

日本の会社が運営しているので分かりやすくて安心感があります笑

10台のデバイスで使えるようなので、MacBookとiPhoneで一緒につかってます。

App Store

MillenVPNのレビューや評判を徹底解説【口コミや使用感は?】

【ノーログVPN?】MillenVPNの評判や安全性を徹底解説!口コミとレビューも紹介

第2位 NordVPN

NordVPNは公式サイトで中国に対応していると宣言しているVPNです。

料金プランは決して安いとは言えませんが、中国で使えることは間違いありません。

  • 世界59か国で5,500台以上のサーバー
  • 日本に80台のサーバー
  • 金盾の規制回避用サーバーあり
  • あらゆるデバイスに対応
  • カスタマーサポートでトラブル対応
NordVPN
 (4.7)

機能性を重視するなら、コレを選べば間違いなし!

NordVPNは中国政府に対策されないよう専用サーバーを設置したVPNです。

安心の30日間返金保証

料金1か月プラン (¥1,880/月)
1年プラン (¥710~/月)
2年プラン (¥450~/月)
速度独立研究機関のAV-TEST GmbHによると、NordVPNは市場最速のVPN
サーバー台数約59か国に5,600以上の超高速サーバー
同時接続台数6台
プロトコルNordLynx
OpenVPN
IPSec/IKEv2
ノーログポリシーあり
セキュリティ最新のセキュリティテクノロジーを活用して、安全なインターネットアクセスを提供
信頼性Forbes, The Wall Street Journalなどの一流ブランドと提携
保証30日間の返金保証でリスクなし
使いやすさおしゃれなアプリから簡単にVPN接続
アプリ対応iOS/Android
WIndows/macOS/Linux
TV/モニター/Fire TV Stick
特徴多種多様なデバイスからVPN接続できる
おすすめできる人海外のVPNを機能性で選びたい方
1か月からVPNを使いたい方
※為替による価格変動あり

実際にNordVPNは中国で問題なく使えるよう特殊な技術でサーバーを構築しています。

NordVPNでは、制限が厳しい中国でもVPNを使用できるように、難読化サーバーと呼ばれる、規制回避用のVPNサーバーを開発しました。このサーバーは、VPN通信を普通のHTTPS通信にカモフラージュすることでグレートファイアウォールを回避できるようにします。

中国で最もおすすめのVPNは?合法なのか?

また他社VPNと違ってNordVPNは、あえて中国に物理的なサーバーを設置しないことで中国政府によるアクセス制限を回避しています。

試しにNordVPNで香港サーバーに接続してIPアドレスから位置情報を確認します。

物理的なサーバーを中国に設置していなくとも香港からアクセスしていることが証明されました。

中国のサービスを日本などの国外から使いたい場合にも利用できます。

NordVPNはアプリ対応が幅広くあらゆる場面で活躍できます。

NordVPN アプリ対応

  • Windows
  • MacOS
  • Linux
  • Android
  • iOS
  • Chrome
  • Firefox
  • Edge
  • AndroidTV
  • Nintendo Switch

NordVPNのデメリットとしては、料金がやや高い上にサポートが英語になる点です。

料金プランは長期であるほど割引率が高くなるので対応できます。

サポートも入力された日本語が自動的に英語へ翻訳される仕様です。

細かなニュアンスを伝えるのは不便ですが、問い合わせは可能です。

海外VPNだけど機能性を重視して中国VPNを選びたい方はNordVPNがオススメです。

あや

2022年9月8日

大抵のサービスが問題なく使える。金を払っても納得できるクオリティ。

Google Play

Koki Tominaga

2022年9月28日

たまに接続不良になって通信が切れていることがあります。

サーバーを切り替えればまたネットに繋がるんですが、知らないうちにこの状態になり、その間に電話やメールが来ていたことに後になって気づくということがありました。

これはけっこう困る事態なので改善してほしいです。

Google Play

NordVPNの評判とレビューを徹底解説【おすすめプランは?】

【おすすめプランは?】NordVPNの評判や口コミ、レビューを解説

第3位 Surfshark

Surfsharkも公式サイトで中国に対応していると明言しているVPNです。

Surfsharkは年間プランがお得に利用できます。

  • サーバー数に対して料金がどこよりも安い
  • 同時接続台数が無制限
  • 65か国に3,200以上のサーバー
  • アプリ対応が豊富
  • 接続先は都市まで選べる
Surfshark
 (4.3)

みんなで1年以上Netflixを見るなら、ココで決まり!

Surfsharkは年間プランが最も安い海外VPNで同時接続台数も無制限です。中国国内から複数人で利用したい方におすすめ

安心の30日間返金保証

料金1か月プラン (¥2,306/月)
1年プラン (¥595/月)
2年プラン (¥372/月)
速度CleanWebで広告の読み込みを停止することで速度を向上
サーバー台数約65か国に3200台以上のサーバー
同時接続台数無制限
プロトコルOpenVPN
IKEv2
WireGuard
ノーログポリシーあり
信頼性無名のブランドから、1年で世界トップ5のVPN
保証30日間の返金保証
使いやすさ国リストからサーバーや静的IPを選択可能
アプリ対応Windows PC、Mac、Android、Android TV、iOS、Linux、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV、Apple TVなど
特徴TOPレベルのセキュリティで年間プランが業界安値
おすすめ対象VPNを1年以上使う方
複数人でVPN接続したい方
※為替による価格変動あり

Surfsharkで中国を利用する場合は2つの機能が役立ちます。

  1. プロトコルをOpenVPNにする
  2. NoBordersモードを使う

OpenVPN

VPNで一般的なプロトコルとしてOpenVPNは頻繁に使われています。

SurfsharkのOpenVPNは、接続を複雑化に暗号化しているため中国当局に接続先を特定されることがありません。

NoBorders

NoBordersとは、地理的に制限された国で最適なサーバーに自動的に接続されるSurfshark独自の機能のことです。

例えば中国国内でGoogleやFaceBookを利用する場合は、規制されていないサーバーへ自動接続されることにより対象サービスが利用可能になります。

アプリも多様なデバイスに対応しており、中国での利用には十分です。

Surfsharkのアプリは使いやすいUIで接続先を簡単に選べます。

接続後のIPアドレス確認のほか、ローケーションを都市まで選べます。

デメリットとしては、MillenVPNやNordVPNのように瞬時にIPアドレスを変更することができません。

SurfsharkでIPアドレスを変更するには、一度VPNを切断して再接続する必要があります。

しかしサーバー数が多い上に同時接続台数も無制限であるため長期間VPNを利用したい方にはオススメです。

Naoaki

2020年9月8日

安いのに早い(通信速度)!接続時間も早いと思います。

Google Play

かるかん

2020年8月9日

ホワイトリストがあるからおすすめ!アプリごとに無効化、またはその逆も出来ます。

ここ結構重要で2ちゃんねる見るならこれ以外だとVPNのオンオフが必要です。

VPN批評サイトで比較して料金も考慮して選びましたが100%オススメ

速度に関して不安になるかも知れませんが普通に使う分には気になりません。

ですのでWi-FiでもLTEでも私は常に接続してます。

キルスイッチもあるので安心で内蔵の広告削除も完璧ではないですがしつこいものは非表示してくれます。

どうしてもAdGuardユーザーで広告が完璧に消したいのであれば設定→ネットワーク項目内のプライベートDNSにAdGuard DNSを設定すべし!

Google Play

Surfsharkの評判とレビューを徹底解説【口コミや安全性は? 】

【ノーログで安全?】Surfsharkの評判・口コミ、レビューを徹底比較!

中国でVPNを使うメリット・デメリット

出張や旅行、留学で中国に滞在する場合はVPNの利用が推奨されます。

中国でVPNを使うことで日本の生活と変わらないネットワーク環境が手に入ります。

メリット
  • GoogleやLINE、インスタが使える
  • ネットバンクが利用できる
  • 中国政府にブロックされたサイトにアクセス可能
  • IPアドレスや通信内容を傍受されなくなる
  • 通信速度が良くなる
デメリット
  • 中国へ入国する前にVPNをインストールする必要あり

中国でVPNを利用したい方は必ず入国前にVPNを入手してください。

中国に入った後は金盾によるアクセス制限がかかるためMillenVPNやNordVPNは入手不可となります。

また短期の滞在であっても中国政府による出国の制限フライトの延長が想定されます。

余裕を持って長期プランを契約するのがオススメです。

VPNを契約しておくことでYoutubeプレミアムやNetflixが通常よりもお得に利用可能です。

中国へ行くついでに複数のサブスクを安く契約しておくことで滞在中も楽しく快適に過ごせます。

Youtubeプレミアムをアルゼンチンから安く利用する方法

youtube premium argentina vpn 【検証済】YoutubeプレミアムをアルゼンチンからVPNで月額319円にする方法

Netflixをトルコから月額307円で登録する方法【検証済】

netflix vpn turkey 【決定版】NetflixをVPNで安くトルコから月額443円で登録する方法
her
her

中国でVPNを使うなら最新の情勢に対応しているか確認しよう

error: