VPNとは? スマホで接続するメリットや仕組みをわかりやすく解説

外出先やカフェ、空港でフリーWi-Fiを使う機会は良くあります。

Wi-Fiがあるのとないのとではスマホの使い勝手が変わりますし、通信容量も気にする必要がありません。

場合によってはパスワードなしで接続できるWi-Fiは危険だと分かりつつも接続してしまおうか迷ってしまうものです。

  • パスワード付きのWi-Fiなら安全
  • スマホにVPNは必要ない
  • 無料のVPNで十分

もしこのような理由だけでVPNを使わないと決断しているのであれば非常に危険です。

悪意のあるWi-Fiを使ってしまうと、プライバシーを侵害されます。

  • あなたが何を閲覧したのか
  • 個人情報や連絡先
  • パスワードや機密情報の漏洩

実はパスワード付きのWi-Fiであれば安全といった神話は崩壊しています。当たり前の話ですが店内にパスワードが表示されている時点でセキュリティとしては弱いものなのです。

結論から言うと、VPNとは「Virtual Private Network」 (仮想プライベートネットワーク)の頭文字をとった略語のことで、インターネット上のセキュリティと匿名性を高めることができます。

VPNに接続することでスマホから安全にWi-Fiを利用することができます。

またVPNはオンライン上の接続とプライバシーを保護するだけでなく、YoutubeやNetflixといったストリーミングサービスにおいても利用するメリットがあります。VPNで韓国に接続するだけでNetflixでジブリが見れるようになるのは代表的な事例です。

  • VPNとは?
  • VPN接続についてわかりやすく知りたい
  • VPNのメリットやデメリットは?
  • おすすめのVPNは?
  • スマホでVPNは必要? 使い方を知りたい

本記事を読むだけでVPNについて理解を深めた上で自分に合ったVPNを選べるようになります。

VPNの利用は違法?

VPNは日本をはじめ多くの国で合法です。しかしVPNの利用を違法としている国もあります。

無料のVPNは危険?

ブラウザやストアで配信されている無料のVPNは危険です。開発者や提供側に悪意のある者がいれば、閲覧履歴や位置情報、クレジットカード情報が漏洩してしまうリスクがあります。

自宅のネット環境にもVPNは必要?

自宅のルーターはもちろんのこと、回線を利用する際にもVPNを利用することが推奨されています。

VPNとは? 仕組みと技術

在宅ワークやテレワークの普及に伴い、セキュリティの重要性は高まりつつあります。

休日でもYoutubeやNetflixといったストリーミングサービスを視聴するのは珍しくありません。

もともとVPNは、第三者による情報の傍受を防ぐために開発されました。

VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略で、仮想プライベートネットワークに接続することを意味します。

  1. 仮想プライベートネットワークに接続することでインターネット回線に仮想的なトンネル、通称トンネリングを作成する。
  2. サーバーの送受信において全てのデータが暗号化され第三者による傍受を防ぐ
  3. セキュリティだけでなくIPやアクセス元を変えることができるので匿名性を高められる

VPNを利用するだけでWebページ上のトラッキングが暗号化されるので、あなたが誰であるか特定・追跡することが不可能になります。

閲覧履歴やIPアドレス、位置情報、通信内容といった個人情報が複雑に暗号化されることでセキュリティ保護を高めることができます。

VPN接続における暗号化とは、仮想的なトンネルで送受信されるデータが第三者によって解読できない文字列に変換する技術を意味します。

VPN接続におけるトンネリングとは、仮想的な通信経路をインターネット回線上に構築することで拠点間の通信を確立する技術を意味します。

ホテルや空港、カフェなどでWi-Fiを利用する機会がある場合は個人情報が盗まれないためにもVPNの利用は必要不可欠です。

外出先でパスワードなしのアクセススポットを見つけてしまった場合は、個人情報の収集を目的としたWi-Fiであることを意識しましょう。

VPNのメリット・デメリット

VPNに接続してインターネットを利用することでトラフィックが暗号化され閲覧履歴やIPアドレス、位置情報、通信内容が追跡・特定されなくなります。

しかしVPNにはメリットだけでなくデメリットがあるのも事実です。

メリット
  • 公衆Wi-FiをPC・スマホから利用できる
  • 閲覧履歴やIPアドレス、位置情報を隠せる
  • 動画配信で日本以外のコンテンツを視聴できる
  • オンラインゲームを楽しめる
  • Torブラウザが安全に使える
デメリット
  • VPNの種類が多すぎて何を選べばいいのか分からない
  • VPNによって機能性が違う
  • VPNによっては特定のコンテンツが利用できない

VPNのメリット・デメリット

VPNのメリット・デメリット 【個人向け】

公衆Wi-Fiを安全に利用できる

VPNに接続することでインターネットのトラフィックが保護されます。ネット上で身元を隠すことで第三者が公共の無料Wi-Fi経由でデータを傍受することを防ぎます。

同様に自宅のWi-Fiルーターでも個人情報、閲覧履歴、IPアドレスを隠すことでプライバシーを保護すつことができます。

位置情報を変更できる

VPNで日本やアメリカ、イギリスなどに接続することでIPアドレスが自動的に変更されます。

IPアドレスを変更することで、接続している国からインターネットを利用しているかのように認識させることができます。

Tor (Onionブラウザ)を安全に利用できる

ダークウェブを閲覧する手段としてTorブラウザがあります。

Tor (トーア)ブラウザでは匿名性を保ちつつもダークウェブにアクセスできるとはいえ、VPNなしでは危険です。

興味本位でダークウェブを閲覧してみたい場合でもVPNを使うことで安全にアクセスすることができます。

世界中のコンテンツを楽しめる

当サイトでも紹介しているようにVPNを使うことで海外の動画やサービス・コンテンツを利用できるようになります。

VPNを使った動画配信サービスの一例としてNetflixでジブリを見たり、Disney+で海外の配信作品を見ることが可能です。

Netflixでジブリを日本からVPNで視聴する方法

Netflix(ネトフリ)でジブリを日本からVPNで見る方法

海外のDisney+を日本から視聴する方法

海外のディズニープラスをVPNで見る方法

またVPNで海外から登録することでYoutubeプレミアムNetflixを安く利用する方法もあります。

VPNを使うだけであらゆるストリーミングサービスが開放されるので体感してみてください。

VPNのデメリットとしては、サービスを提供する企業の多さにあります。

日本の企業だけでなく海外の企業もVPN業界に参入しているため、何を基準に選んでいいのか分からなくなってしまいます。

また料金プラン機能性はもちろんのこと、利用するVPNによっては特定のコンテンツが利用できない場合があります。

IPアドレスごとアクセス制限

例えばVPNでドイツに接続しているのにIPアドレスごとブロックされていて動画やサイトにアクセスできないといった事例です。VPNを選ぶ上ではサーバー数だけでなく実際にサーバーを変更できるかが重要なポイントになります。

NordVPN

VPNの種類と特徴

世界中で利用されているVPNは標準的なプロトコルを利用しています。

プロトコルとは、取り決めた通信の約束事を意味します。VPNにおけるプロトコルはセキュリティや速度、暗号化などについて文書などで取り決めをおこなっています。

現在多くのVPNで導入されているプロトコルは下記のようになります。

  • OpenVPN
  • IPSec/IKEv2
  • Wireguard
  • SSTP

L2TP/IPSecやPPTPといったプロトコルは時代遅れであり、セキュリティにも脆弱性があります。

OpenVPNIPSec/IKEv2WireguardSSTPL2TP/IPSecPPTP
スピード速い速いかなり速い標準標準速い
暗号化レベルかなり高い高い高い高い標準低い
ストリーミング速い速い標準標準遅い遅い
安全性高いかなり高い低い標準高い高い
P2P高い高い高い高い低い低い

OpenVPN

OpenVPNは、大部分のVPNプロバイダーで利用されている暗号化規格です。

  • 高度に構成できる
  • 通信速度とセキュリティのバランスが良い
  • オンラインゲームや動画配信で快適に使える

IPSec/IKEv2

IKEv2は、インターネット上で共通鍵を交換するためのプロトコルスイートです。共通鍵を交換することで認証を行い、暗号化された接続を構築します。

  • 安定している
  • セキュリティが高い
  • 通信が高速化されている

もともとIKEv2は、MicrosoftとCiscoによって開発されたVPN接続であり、高速かつ安定したパフォーマンスを発揮します。

Wireguard

WireguardはVPN業界でも最新かつ最速のトンネリングプロトコルです。しかし現時点では実現されていません。

  • オープンソースが無料
  • かなり高速

セキュリティの脆弱性を改善することで将来的に利用されるのが期待されます。

自社で開発されたプロトコル

代表的なプロトコル以外にも、NordVPNやExpressVPNのように自社で開発されたプロトコルも存在します。

  • NordVPN→NordLynx
  • ExpressVPN→Lightway

VPNでプロトコルはどれを選べばいい?

VPNにおすすめのプロトコルはOpenVPNIPSec/IKEv2Wireguard自社で開発されたプロトコルです。

プロトコルはVPNで何を重視したいかによって異なります。VPNの値段や料金、機能性を選んだ上でプロトコルを選ぶべきです。

無料のVPNは危険?
無料VPNをブラウザやアプリで利用するのは危険です。悪意のある開発者の中には個人情報の収集を目的としたものがあります。一度でも流出した個人情報は完全には削除できないので無料のVPNはおすすめできません。

失敗しないVPNの選び方

実際に自分に合ったVPNを選ぶ際には下記の項目を確認しましょう。

  • 料金プラン
  • サーバー数
  • 返金保証
  • 同時接続台数
  • プロトコル

VPNによって1ヶ月プランの料金は異なりますし、半年プランの有無もあります。

料金プラン

VPN各社によって1ヶ月の料金も違えば、プランの種類も異なります。

またVPN業界の特徴として長期契約をするほど割引率も高くなりお得にVPNを利用することが可能です。

サーバー数

VPNで重要なのは接続できる国とサーバー数です。実はVPNでアメリカに繋いでいたとしても特定のコンテンツが視聴できない場合があります。これは利用しているVPNのサーバーがIPアドレスごとアクセス制限をかけられているからです。

そのためアメリカ国内でサーバー数を変更するといった機能性が必要になります。

目先のサーバー数だけではなく実際にアプリやブラウザ上からサーバーを変更できるのかもチェックするべきです。

同時接続台数

家族や友人、複数のデバイスから同時にVPNを利用する際は同時接続台数も重要です。

同時に5台以上接続する場合は同時接続台数を必ず確認しましょう。

アプリ対応や日本語対応

最近ではどのVPNでもスマホやPCのアプリに対応しており、サポート体制にも力を入れています。

最低限アプリに対応していてサポート窓口があるかだけは確認しておきましょう。

複数のVPNで料金プランを確認してから細かな条件を比較して選ぶのが定石です。

おすすめのVPN ランキングTOP5 【徹底比較】

実際に複数のVPNを購入しiPhoneとMacから利用しました。

Nord VPN: 1ヶ月プラン
Surfshark:2年プラン
Express VPN: 1年プラン
CyberGhost: 1ヶ月プラン
Vypr VPN: 1ヶ月プラン

VPNの機能性やアプリの使いやすさ、コストパフォーマンスを忖度なくレビューします。


NordVPN

ExpressVPN

Surfshark

Cyber Ghost

VyprVpn
1ヶ月プラン1,434円約1,496円
($12.95)
1,497円1,480円約1,722円
($15.00)
6ヶ月プラン/月額約1,154円
($9.99)
750円
1年プラン/月額570円約770円
($6.67)
495円約956円
($8.33)
2年プラン/月額390円266円375円
3年プラン/月額265円
速度高速超高速高速高速高速
サーバー台数60か国5300以上94ヶ国3000以上65か国3200以上90か国7500以上70カ国700以上
同時接続台数6台5台無制限7台5台
プロトコルOpenVPN
IPSec/IKEv2
NordLynx
LightwayOpenVPN
IKEv2
WireGuard
OpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSEC
Chameleon
OpenVPN
IPSec
WireGuard
アプリ対応/互換性ありありありありあり
日本語対応登録日本語
サポート:翻訳機能あり
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語
登録:日本語
サポート:英語
登録:英語
サポート: 英語
返金保証30日間30日間30日間1ヶ月プラン:14日間
その他:45日間
30日間
特徴コストパフォーマンス最強速度とサーバー数で他社を圧倒6ヶ月以上なら最安値のVPN1年プランと3年プランは業界最安
ストリーミング専用サーバーあり
20万以上のIPかつ独自のVPNサーバーあり
おすすめ対象初めてVPNを使う方
短期から使いたい方
快適に色々な国の作品を楽しみたい方価格を抑えつつ長く使いたい方色々な国で1年間動画配信を楽しみたい方英語ができる方
アプリは日本語対応
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

第1位 NordVPN

NordVPNは1ヶ月の料金プランが業界安値な上にサーバー数も業界TOPレベルのVPNです。

同時接続台数も6台と平均的でプロトコルには自社製のNordLynxが採用されています。

またサポートは日本語で問い合わせても英語に翻訳される仕組みとなっているので初心者の方にオススメです。

NordVPN

初めてのVPNなら、コレを選べば間違いなし!

NordVPNは料金や機能性だけでなく、あらゆる動画配信に万能なVPNです。

30日間返金保証

料金1か月プラン (¥1,434/月)
1年プラン (¥590/月)
2年プラン (¥495/月)
速度独立研究機関のAV-TEST GmbHによると、NordVPNは市場最速のVPN
サーバー台数約60か国に5300台の超高速サーバーを設置
同時接続台数6台
プロトコルOpenVPN
IPSec/IKEv2
NordLynx
信頼性Forbes,The Wall Street Journalなどの一流ブランドと提携
保証30日間の返金保証でリスクなし
使いやすさワンタップでサーバーを変更できる
アプリ対応Windows、macOS、Android、iOSなど全てのOSに対応
PC、スマホ、ルーター、ゲーム機と互換性があり
特徴1ヶ月プランが業界安値でありながらも機能性がTOPレベル
各国のNetflixが視聴できる貴重なVPN
おすすめ対象初めてVPNを使う人
VPNを安く利用したい人

第2位 Surfshark

SurfsharkはVPN業界の中でも料金面に力を入れています。

6ヶ月以上の料金は最安値となっており同時接続台数も無制限とユーザー重視のVPNです。

Surfsharkのプロトコルは標準的なOpenVPNやIKEv2、WireGuardを搭載しています。

Surfshark

VPNを6ヶ月以上使い続けるなら、ここで決まり!

Surfsharkは6ヶ月〜2年以内の月額料金が最も安いVPNです。

30日間返金保証

料金1か月プラン (¥1,497/月)
6か月プラン (¥750/月)
2年プラン (¥266/月)
速度CleanWebで広告の読み込みを停止することで速度を向上
サーバー台数約65か国に3200台以上のサーバー
同時接続台数無制限
プロトコルOpenVPN
IKEv2
WireGuard
信頼性無名のブランドから、1年で世界トップ5のVPNに至る 
保証30日間の返金保証
使いやすさ国リストからサーバーや静的IPを選択可能
アプリ対応Windows PC、Mac、Android、Android TV、iOS、Linux、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV、Apple TVなど
特徴業界TOPレベルのセキュリティなのに6ヶ月・2年プランが業界安値
おすすめ対象VPNを半年以上使う方
複数人で同時に利用する方

第3位 ExpressVPN

ExpressVPNは、速度に特化したVPNです。プロトコルは独自のLightwayを採用しています。

同時接続台数は5台と業界平均でありながらも94カ国にわたって3000以上のサーバーを保持しています。

ExpressVPN

業界最速のVPNなら、ココしかない!

ExpressVPNは速度No1の実績あり
とにかく動画を快適に見たい方はExpressVPNが最適解です。

30日間返金保証

料金1か月:約1,496円 ($12.95)
6ヶ月: 約1,154円 ($9.99)
1年:約770円 ($6.67)
速度圧倒的な速度を実現
サーバー台数94ヶ国3000以上
同時接続台数5台
プロトコルLightway
セキュリティアメリカ政府が採用している暗号規格と同じAESとと256ビット鍵
信頼性信頼度No.1のVPN 
保証30日間の返金保証
使いやすさPC版はスマホアプリのように簡単接続
アプリ対応Windows、Mac、Linux、Android、iOS、ルーター,Amazon fire TV、Apple TVなど
特徴速度に特化したVPN
おすすめ対象何よりも速度を重視で選びたい方

第4位 CyberGhost VPN

CyberGhost VPNはストリーミング専用サーバーがある唯一のVPNです。

料金面では1年プランと3年プランが安く設定されており、同時接続台数は7台と高い水準を維持しています。

プロトコルはOpenVPN、IKEv2、WireGuard、L2TP/IPSECを使っており、ストリーミング専用のサーバーにはNetflixやDisney +、Youtube、Amazonプライムなどがあります。

CyberGhost VPN

唯一ストリーミング専用サーバーがあるVPN!

Cyber Ghostは1年プランと3年プランが最安のVPNです。

返金保証あり

料金1か月プラン (¥1,497/月)
1年プラン (¥495/月)
2年プラン (¥375/月)
3年プラン (¥265/月)
速度世界中どこでも文句なしの通信速度を保証
サーバー台数90か国7500以上
同時接続台数7台
プロトコルOpenVPN
 IKEv2
WireGuard
L2TP/IPSEC
信頼性CNN、BBC、Forbesなどの海外メディアが利用 
保証1ヶ月プラン:30日間の返金保証
それ以外:45日間の返金保証
使いやすさストリーミングサービスへ簡単接続
アプリ対応Windows 、Mac、Android 、iOS、Linux、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV、Apple TVなど
特徴1年プランと3年プランが業界安値のVPN
ストリーミング専用サーバーあり
おすすめ対象イギリス、ドイツ、アメリカ、イタリア、日本、スウェーデン、フランスで見たい方

第5位 Vypr VPN

VyprVPNは機能性に優れたVPNでありプロトコルにカメレオンが実装されています。

カメレオンプロトコルを利用することでVPN接続そのものを隠すことが可能です。

同時接続台数やサーバー数、料金プランは業界水準となっています。

VPNの接続を隠したい場合やセキュリティをとにかく高めたい方に最適なVPNです。

Vypr VPN

VPNの機能性を重視して動画を視聴したい人にオススメ!

VyprvpnのカメレオンプロトコルならVPNトラフィックを隠すことが可能です。

30日間返金保証

料金1か月プラン: ¥1,722/月 ($15.00)
1年プラン: ¥956/月 ($8.33)
速度最速サーバーあり
サーバー台数70カ国700以上
同時接続台数5台
プロトコルChameleon
OpenVPN
IPSec
WireGuard
セキュリティ VyprVPNによって作られたDNSとカメレオンプロトコルを使用
信頼性Tom’s guide、Techradar、WIREDが利用
保証30日間の返金保証
使いやすさ優れたUIで簡単接続
アプリ対応Windows 、Mac、Android 、iOS、Linux、Chrome、Firefox、Amazon Fire TV、Apple TVなど
特徴使いやすさと機能性を重視
アプリは日本語対応
おすすめ対象VPNに機能性を求めたい方

結果は同じですが、ノーログポリシーやノーログVPNなどについての情報を踏まえたおすすめのVPNは下記で解説しています。

おすすめのVPN ランキング TOP5 【有料級】

おすすめのVPN ランキング TOP5 【有料級】

スマホでVPNに接続する方法

スマホやパソコンからVPNに接続する方法は次のようになります。

  1. VPNを手に入れる
  2. アプリをインストール
  3. ログインしてお好みの国へ接続

一例として、NordVPNを購入してアプリからアメリカへ接続するまでの手順を解説します。

NordVPNを手に入れる

日本公式サイト【Nord VPN】にアクセスしたら、

Nord VPNを購入」よりプランを選びます。

お支払いする

お支払い方法を決めたら決済を完了させます。

アカウントをアクティブにする

アカウントを有効にする認証コードがメールアドレスに送られます。

認証コードを入力するとアカウントが有効化されます。

アプリをダウンロードする

アカウントを有効化できたらその場でアプリをダウンロードできます。

もしくはNordVPNのアプリをスマホ/PCにダウンロードしてください。

  1. 左上のロゴからTOPページへ飛ぶ
  2. VPNをダウンロードを押す
  3. アプリをダウンロードを選択
NordVPNでアメリカへ接続

アプリを起動したらログインしてアメリカを選びます。

Mac アプリ

  1. United States (米国)が選択されている
  2. 保護されています
  3. 切断

iPhone アプリ

  • United States (米国)に接続しています。

NordVPN以外でもスマホやパソコンからVPNに接続するまでの手順はほとんど同じです。

よくある質問

VPNのデメリットは?
VPNに接続することで通信容量が大きくなるので速度がやや遅くなります。しかしYoutubeやNetflixを快適に見ることができるので大幅に速度が落ちることはありません。
VPNは常に接続しておくべき?
常にVPNに接続しておくことが理想的ですがスマホの場合は電池の消耗が通常より進みやすくなるためWi-Fiに接続する場合だけでも大丈夫です。
VPNを利用することで逆に特定・追跡されたりしないの?
VPNはインターネット上におけるデータの送受信を暗号化し、新たなIPアドレスを付与することで第三者に監視されることがなくなります。しかしインターネット上の匿名性を100%保証するものではありません。VPNを使用するデバイスに不正なソフトがインストールされていた場合は追跡される可能性があります。
おすすめのVPNは?
VPN選びで迷った場合は、NordVPNかSurfsharkを使ってみるのがオススメです。料金面や機能性において初心者に自信を持って推奨できます。

まとめ

VPNとは、インターネット上にトンネリングを構築することで送受信されるデータを暗号化すること技術のことです。

VPNのおかげでWebページ上のトラッキングが暗号化されるので第三者によって特定されるのを防げます。

  • 外出先でフリーWi-Fiを使う
  • 個人情報を特定されたくない
  • Netflixなどの動画配信をよくみる
  • オンラインゲームをしている
  • ダークウェブを閲覧したい

ひとつでも上記の項目に当てはまった場合は万一に備えてVPNを使うのがベストです。

またVPNを利用するだけでサブスクリプションサービスがお得に利用できます。

サブスクの節約におすすめのVPN 【コスパ最強】

サブスクの節約におすすめのVPN 【コスパ最強】
her
her

VPNを使うことでセキュリティや利便性を高められる

コメントを残す

CAPTCHA


error: