自衛隊の適性検査に合格するには? 落ちる理由や無料でできる対策を紹介

自衛官候補生や一般曹候補生の採用試験には適性検査があります。

よく適性検査はテキトウにやっておけば大丈夫、正直に回答すればいいというような声を聞きますが、この考えはNGです。

以前僕が広報官に確認をしたところ、毎年、自衛隊の適性検査で落ちる人は一定数いるとのことでした。

結論から述べると、ミイダスというサービスを使って自衛隊の適性検査の対策をするのがおすすめです。

MEMO
実際に当サイト「It’s her」から2019年に364名、2020年に401名累計1132名以上の方々がこの方法を使って自衛隊の適性検査を受けました。現時点では適性検査で不合格の報告を受けたことがありません。

また、googleからも評価を受け、検索結果で防衛省の次に表示されるようになりました。

適性検査の対策がよく分からないって方は、参考にしてみてください。

自衛隊の適性検査とは?

自衛隊の1次試験における適性検査とは、

性格検査

と言えます。

一言で言えば、その人のパーソナリティ(人間性)を診断しています。

パーソナリティとは、その人の持ち味、個性、人柄を表し、一人の人間を包括的に意味する心理学の概念です。

分かりやすく言うと、その人の性格、思考、ストレス耐性、外向性なんかを意味します。

適性検査で何が分かるの?

この適性検査で何が分かるのかというと、

  1. 外向性
  2. 開放性
  3. 情緒安定性
  4. 誠実性
  5. 協調性

になります。

◆外向性では、

  • 考えることや運動することが好きか嫌いか
  • 内向的か外向的か
  • 持続的に取り組めるかどうか等を判断
  • 出題例)人に話しかけるときにはいつも緊張してしまう

◆開放性では、

  • 目標に取り組む意欲や、行動することそのものに対する意欲を確認する分野
  • どれくらい、新しいことに対してオープンかを示したり、想像力の程度などを表す。
  • 出題例)高い目標を持って物事に取り組むか/自分に合った目標を立てるか

◆情緒安定性

  • 自分の感情をコントロールできるかを判断する分野。
  • 他者とのやり取りの中での傷つきやすさ、気持ちの安定性や物事への態度などを表す。
  • 自信はあるか、考え方は柔軟であるかなどの質問を問われる
    出題例)自分は他人よりも優れている点がいくつもあると思うか

◆誠実性

  • 嘘をついていないかを見るために「大きく見せよう」「上手くごまかそう」とする傾向が強いかを確認する質問
  • 通常この分野の質問には「一度も~」「必ず」といった断定表現がよく使われます。
    出題例)自分は友達との約束を破ったことは一度もない
  • 「志向性に矛盾がないか」を確認するため、いずれの分野の質問も、問い方を変えて同じことを何度も確認するという特徴があります。

◆協調性

  • 周囲に同調したり従ったりすることができるかなどを表します。
  • 自分の意見を反映させたいか/規則を守ることはできるか

こういった分野を自衛隊の適性検査では測ることになっています。

この5つの特性は、どんな人も持っている性格の基本となる部分となっており、どの特性が高いか、あるいは低いかを判断することで、その人の特徴を明らかにします。

ある特徴が高いから良い、低いから悪いということはありません。

ですが、自衛隊には求められる特性があります。

自衛官に求められる特性とは?

自衛隊に求められる特性は、「自己完結性」です。

自己完結性とは、どんな状況になっても、全て自分たちで何とかしながら活動することができることを意味します。

たとえば、自衛官として職務を遂行していく上で以下のような適性があるかどうかをチェックされるわけです。

  • 自衛官の義務を果たせるか
  • 忠実に命令に従う能力があるか
  • 苛酷な環境であってもストレスに耐えられるか

自衛隊の適性検査に合格するには?

自衛隊の適性検査で落とされないためには、この方法で対策をすることがオススメです。

  1. 模擬の適性検査を受ける
  2. 結果を見て自分が自衛官に相応しいかを確認する
  3. 自衛官に相応しくないのであれば本番で回答を修正する

この方法を使えば、自衛官の適性検査に合格できる可能性が上がります。

やり方としては、ミイダスというサービスを使います。

ミイダスは転職サービスですが、自衛隊とほぼ同じ適正診断が無料でできるのでぜひ利用しましょう。

手順としては、まず下記のリンクからミイダスにアクセスします。

あなたの市場価値を見いだす転職サイト【ミイダス】無料会員登録

  1. 市場価値診断(約3分) ←テキトウでOK
  2. ミイダス適性チェック (コンピテンシー診断)

この順番に進むだけです。

適正診断では、こんな感じで質問に答えていきます。

あなたの市場価値を見いだす【ミイダス】無料会員登録

見てみると分かりますが、形式は自衛隊の適性検査とほぼ同じです。

回答が終わると、自分の長所や短所性格などがこのように一瞬で判明します。

ここで得られた結果から自分が自衛隊の適性検査に合格できるか(自己完結性があるか)どうか判断すればいいだけです。

【チェック項目】

  • チームワークを重視しているか
  • 心身が健全か
  • 仕事に対して真面目か
  • コミュニケーション能力があるか

たとえば、もしここでコミュニケーション能力が低かった場合は、本番の回答で「初対面の人と話すことに抵抗がない」「人前で話すことができる」といった質問に対して「よく当てはまる」に◯をつければOKです。

回答を修正する際の注意点としては、回答に一貫性をもたせることや、矛盾が生じないようにしましょう。

適正検査では同じ内容を問う質問を、問い方を変えながら何度も聞かれたりするのでここは要注意です。

これで自衛隊の適性検査の対策はOKです。

たったのこれだけで自分の性格や長所・短所をまとめて知ることができます。

また、ストレス耐性、統率力も測れますし、仕事をしていく上での自分の特徴も知ることができます。

あとはミイダスで得られた結果をベースに面接の準備をしましょう。

自衛隊の面接では自分の長所や短所もよく聞かれるので確認しておきましょう。

一般曹候補生&自衛官候補生の面接に合格する方法

自分のこれからのキャリアに真剣に向き合っているのであれば、少しくらいは適性検査の対策に時間をかけることができるはずです。

適性検査に落ちる理由

シンプルに自衛隊の適性検査に落ちる理由は、

  • 「外向性」「情緒安定性」[開放性]「勤勉性」「協調性」のいずれかが欠けている
  • 回答に矛盾があった
  • 未回答で試験を終えた

場合になります。

まず1つ目のそれぞれの特性が欠けていた場合ですが、単純に自己完結性を再現できないことや、自衛隊に向いていないと判断されることで落ちます。

また、よくある理由としては、極端な回答がある場合です。
「自分の意見は曲げない」という柔軟性を問う内容に「はい」を選ぶと、「一緒に仕事をしても、意思の疎通が難しいのではないか」と思われてしまう可能性があります。

さらに、理想論だけで答えすぎるのも避けたるべきです。例えば「嘘をついたことがない」というのが出た場合、「はい」で回答するのが理想ではあるのですが、その他の誠実性を問う質問にどう答えたかによって評価が変わります。

2つ目の、回答に矛盾が生じた場合というのは、例えば「あきらめが悪い方だ」には「はい」と答えたのに、「忍耐力には自信がある」という質問に「いいえ」と答えてしまう場合です。

なぜならそう回答することでその人の性格がつかめなくなってしまうからです。

性格診断では、同じ内容をいくつもの観点から矛盾がないかを見ます。

嘘はばれてしまうため、虚偽なく正しく質問に回答していくようにするべきです。

3つ目の未回答、空欄のままは診断ができないので普通に落ちます。

適正診断は自衛官の採用試験の中でもきっちり対策ができるのでミイダスを使って対策してみてください。

適性検査ごときで落ちるのは普通にもったいないです。

あなたの市場価値を見いだす転職サイト【ミイダス】無料会員登録

her

適性検査は対策ができるので落ちるのはもったいない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。