出稼ぎで月収30万円以上稼ぐには? 最短で稼ぐ方法を徹底解説

出稼ぎには、短期バイトやリゾートバイトなんかがありますが、これらはどれも時間給でありどれだけ働いたかが重要になります。

しかしだからといって、出稼ぎで安易に時給の高い求人を選ぶのはNGです。

その理由を結論から言うと、出稼ぎで稼ぎたいなら製造業、もっとコアな話をすれば期間工を選択しさえすれば、安定して月収30万円は稼げるようになるからです。

なぜそのようなことが可能なのかというと、期間工には入社祝金があるからです。これは例えば入社して1ヶ月目に10万円がもらえるといった特典があります。

もちろんその間、月収は入社祝金を合わせて40万円は稼げたりします。

実際にherも入社祝金目当てで期間工になり、たったの3ヶ月で110万円ほど稼いだ経験があります。

製造系の派遣会社も数社経験しているので業界知識についても詳しいです。

MEMO
また、製造大手の人材派遣を行う日総工産の正社員に関する記事では、googleから評価され公式サイトや大手求人サイトを除く検索結果でTOPになりました。実際に当サイトからも多数の方が応募されています。

 

この記事を読むことで、出稼ぎで効率よく稼ぐにはどの派遣会社を使ってどの求人へ申し込めばいいのかが理解できます。

  • 出稼ぎって稼げるの?
  • 出稼ぎで効率よく稼ぐには?
  • 良い求人を知りたい
といった方は参考にしてみてください。

出稼ぎで月収30万円以上稼ぐには?

そもそも出稼ぎとは、

  • 一定期間居住地を離れて働き、就労期間経過後は居住地に帰る形態のことを言います。

農家や建設業、あるいは自営業の方々が冬の間だけ出稼ぎで稼ぐようなこともあります。

出稼ぎをするには、

  • 企業に直接応募
  • 派遣会社経由で応募

この2パターンがあります。

派遣会社がおすすめの理由

出稼ぎで多く稼ぎたい方は派遣会社経由で働くことをおすすめします。

派遣会社を出稼ぎで選ぶ理由としては、

【派遣会社のメリット】

  1. 実際に働いている人たちの平均的な収入・残業時間・離職率を知れる
  2. 採用までが早い
  3. 求人が複数ある
【直接応募のデメリット】
  1. 求人内容と実際に稼げる金額に差がある
また、最近の派遣会社では、オンラインで面接を行なっているので、自宅で就業先を決めることができます。

 

業界は製造業で決まり

では、派遣会社でどのような業界がおすすめなのかというと、製造業一択です。

なぜなら各派遣会社にはそれぞれ得意とする業界があり、その業界・業種によって稼げる金額がまったく違うからです。

結論を先に言うと、製造業が一番稼げます。

そして製造業の中でも期間工を選択するのが賢明です。

期間工とは、その名の通り、最長で2年11ヶ月の間、期間従業員として大手自動車メーカーなどの期間従業員として工場で働く仕事のことです。

MEMO

この期間工は、最長2年11ヶ月となっているからといって必ずしも満期まで働く必要はありません。

人によっては1〜3ヶ月といった短期から半年、1年といった区切りで辞めたりもします。

なぜ製造業の中でも期間工なのかというと、

  • 入社祝金があるので月収+◯◯万円で働ける
  • 寮費無料なので家賃分が貯められる
  • 未経験からでもOK
と数ある業界・業種の中でも破格の待遇になっているからです。

実際の求人を見てみると、


  • 入社祝金25万円
  • 月収例:約34万円
  • 3ヶ月毎に9万円支給
  • 寮費無料
  • 赴任手当2万円
  • 時給1,200円(8時間/日勤の場合:日給9,600円)
となっており、製造業が未経験であっても時給1200円から祝金・寮費無料でスタートできます。

より詳しい内容を見てみると、

  1. 月収目安344,640円
    ※時給1,200円(8時間/日の場合:日給9,600円)
    ※月収内訳 8時間/20日/残業20時間/休日出勤1日/交替勤務の場合
    ※月収の中から社会保険料・所得税等を控除。
    ※割増賃金:時間外30%増、休日出勤40%増、深夜25%増
    ※各種手当(当社規定あり)
  2. 赴任手当2万円支給!※初月のみ
  3. 3万円分の食事カードを支給!※初月のみ
  4. 満了慰労金支給!3ヶ月ごとに9万円!
  5. 皆勤手当支給!2ヶ月ごとに8万円!
  6. 帰任旅費支給※メーカー規定あり

単純に出稼ぎで時給1200円で8時間働いて1日に9600円、20日勤務で月収19万2000円稼ぐよりも、期間工として働いた方がそれ以上に稼げることは計算するまでもなく理解できると思います。

もちろんデメリットとして、夜勤あり、交代勤務ありと慣れるまで身体に負担がかかるかもしれませんが、出稼ぎの期間だけ働くことを考慮すると、メリットの方が上回っていると言えます。

どうせ同じ時間働くのであれば、期間のほうがはるかにマシです。

仕事内容についても一見難しそうに見えますが、経験上1ヶ月もすれば覚えられます。

女性であれば軽作業なところに配属されるのが一般的です。

期間工になるには?

期間工になるには、派遣会社のサイトから気になった求人に応募するだけです。

製造業に特化した派遣会社としてオススメなのは、日総工産です。

日総工産は上場企業なので求人数も業界TOPクラスになっています。

また、拠点も全国各地にあるので寮生活や仕事で困ったことがあればすぐにサポートしてもらえます。

日総工産は上場しているだけあって期間工として働いている従業員の数も多いので平均月収・定着率・仕事内容について正確な情報を得ることができます。

期間工の求人選びのコツ

初めて期間工になる方への求人選びのアドバイスとしては、時給✖️入社祝金のバランスで決めることです。

これはなぜかというと、

  • 時給が高い=仕事が肉体的にきつい可能性がある
  • 時給が高いけど残業がほとんどない
  • 時給はそこそこだけど残業が多くある
といった様々なパターンが予想されるからです。

期間工では、同じ就業先であったとしても配属先によって残業時間が違います。

そのため、残業がなかった場合のためにある程度の入社祝金は必須です。

なので期間工の求人に応募する際には、実際の残業時間を知ることが困難なため候補を3つほど選んでからそのうちのどれかに応募することをオススメします。

実際に派遣会社の登録会では、希望する就業先と異なる求人を紹介されるのは普通です。

そして結局のところ複数の候補から時給・入社祝金・仕事内容等を比較して選ぶのがベストになります。

また、web上で候補を1つに決める間に求人が人気すぎて無くなってしまったというような機会損失を防げます。

出稼ぎで期間工をやりたい、と思ったらすぐに行動するのが賢明です。

応募方法

出稼ぎで期間工に興味がある、期間工として働きたいといった場合には以下の手順になります。

手順1
公式サイトから求人を探す
手順2
応募する

気になった求人があれば応募してみましょう。

手順3
登録会
登録会では簡単な面接と適性検査があります。
手順4
就業先を決める
担当者と話して就業先を決めます

新型コロナウイルスの影響もあって、現在ではオンラインで面接も実施しています。

採用担当であればリアルタイムの状況を把握しているので、

  • この求人は残業が多い
  • 離職率は◯%
  • 時給と祝金で選ぶならココ

応募者の希望に沿った提案をしてくれます。

また、一度応募をしたからといって必ずしも日総工産で働く必要はありません。

そこで働く、働かないは自由です。

日総工産の面接(登録会)で聞かれる内容と適性検査について日総工産の期間工でおすすめの求人は? 【約70件の求人から目的別に厳選】40代・50代から期間工になるには? 採用から面接対策まで紹介

her

出稼ぎで稼ぐなら期間工しかない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: