40代・50代から期間工になるには? 採用から面接対策まで紹介

40代や50代で期間工になる方法を紹介します。

  • 40代・50代から期間工になりたい
  • 面接で採用されない
  • 正社員になりたい

って方は参考にしてみてください。

結論から先に述べると、メーカー直雇用よりも派遣会社経由で期間工として働くことをおすすめします。

理由としては採用される確率が高いからです。また、派遣会社で長く勤めることで派遣会社の正社員になれる可能性も出てきます。

40代・50代から期間工になるための戦略

40代・50代で期間工になる理由はさまざまだと思いますが、期間工になるための採用手順は共通しています。

  • メーカー直雇用で働く
  • 派遣社員経由で働く

まずメーカー直雇用、これはトヨタやデンソー、ホンダといったメーカーで契約社員として働くことを意味します。直雇用なので履歴書を各会社に提出し現地で面接を受けます。

20代や30代、若ければ若いほど受かりやすいのが特徴です。40代以上で受かっている人はまずいないと思います。何年もそこで働いている人であれば採用されるかもしれません。

40代・50代の方が受かりにくい理由としては、単純に20代・30代の方々から申し込みがきているからです。特に20代であれば正社員を目指している方が多いです。

派遣会社経由の場合は、派遣会社を通して期間工として働きます。

なぜ派遣会社経由の方が期間工になりやすいのかというと、労働者派遣法で派遣先の企業(メーカー)が、派遣労働者を事前に面接することが禁止されているからです。

法律では、派遣先の企業は、派遣社員を選別することはできないとされています。

その理由としては、労働者派遣法第26条6項にある『労働者派遣の役務の提供を受けようとする者は、労働者派遣契約の締結に際し、派遣労働者を特定することを目的とする行為をしないように努めなければならない』という定めに基づいているからです。

ここにある『労働者派遣の役務の提供を受けようとする者』とは、派遣先の企業のことです。
『派遣労働者を特定することを目的とする行為』には、面接のほかに、実技試験や適性テストの実施、履歴書の提出の要求、性別や年齢の限定などが含まれています

要するに、派遣会社経由であれば、派遣先は年齢職歴、性別なんかを理由に断ることができわけです。

ということは、派遣会社の面接、適性検査さえ合格してしまえば、期間工として働けることになります。

同じ仕事内容であるにも関わらず入口が違うだけで難易度が変わるわけです。

40代・50代が派遣会社経由で期間工として働くメリット&デメリット

派遣会社経由の方が40代・50代は期間工になりやすい理由が明らかになったと思いますが、理由はこれだけではありません。

メリット

  • 仕事がきつくて/人間関係が悪くて辞めても次の仕事を紹介してもらえる
  • 任期満了後にそのまま次の仕事を紹介してもらえるので転職活動の必要がない
  • 派遣会社/メーカーの正社員が目指せる

まず製造系の現場の人達は癖が強いです。敬語を使えない人やタメ口で話してくる人は普通にいます。仕事の教え方も丁寧な人もいればテキトウな人もいます。

また、工程によって楽なところもあれば、若い人じゃないと回せないくらいきついところもあります。人によってはめちゃくちゃきついところに平気で新人を入れたりします。俗にいう配属ガチャです。

基本的には、よほどの理由がない限り転属とかはさせてもらえません。

ほとんどの人は人間関係/仕事のきつさで辞めていきます。また、確率的にきつい工程の方が辞める人も多く空きがすぐにできるので回転率が早いです。なので配属される確率も高く設定されています。

メーカー直雇用の場合、辞めたらそれで終わりです。次の仕事は1から自分で探さなければなりません。

ですが、派遣会社の場合は親身に相談に乗ってくれますし、ひどい辞め方をしない限りは紹介しようとしてくれます。

また、派遣会社で働いているとメーカーだけではなく派遣会社の正社員も目指せたりします。

デメリット

  • 勤怠の連絡

デメリットとしては、体調不良等で仕事を休む際には派遣会社と派遣先に連絡しなければならない点です。ですが期間工として働く場合は稼ぐことが目的なので休むことはあまりないと思います。

おすすめの派遣会社は?

まず40代・50代が期間工を派遣会社経由で希望する場合はどの派遣会社を選ぶべきかが重要です。

  • 就業先が多数
  • 採用枠が多い
  • 正社員を目指せる

40代・50代になってくると就業先は選べなくなってきます。そのため派遣会社の規模(就業先の数)が大事になってきます。

また、採用枠は同じ就業先であっても派遣会社によって枠が違います。

【あるメーカーへの採用枠】

A社:100名

B社:60名

C社:30名

当然、40代・50代の場合はB・C社で希望するよりもA社経由で申し込んだ方が採用される確率は上がります。

また、せっかく働くのであれば正社員を目指した方がいいと思います。定年までライン作業は過酷です。

上記の3つの条件を満たしている派遣会社としておすすめなのが日総工産です。

日総工産

日総工産は、全国に拠点を持つ上場企業であり、勤務地・収入など、 自分の希望に合った条件で工場系のお仕事に就くことができます。

製造系の派遣会社で上場しているのはここだけです。

期間工の求人にも力を入れています。

入社特典や入社祝金もありますし、寮費無料の求人も普通にあります。

サポートも充実しているので40代・50代には心強いと思います。

なぜ数ある派遣会社の中で日総工産を強くオススメするのかというと、上場しているだけあって規模が大きいからです。

全国に強いコネクションがあるので就業先は業界トップクラスになっています。

そのため、期間工が未経験、もしくは職歴に自信がない方にもおすすめです。

将来的に正社員を目指すこともできます。

40代・50代から期間工を目指すのであれば日総工産がオススメです。

日総工産で期間工になるには、

手順1
日総工産のサイトにアクセス
手順2
期間工を選択
手順3
条件を選んで検索
エリアや給与も選べます。
手順4
気になった求人に応募
手順5
登録会(面接)で詳細を確認
応募した求人の仕事内容や入社特典の条件、送迎の有無など詳細を確認しましょう。
MEMO
40代・50代の場合は3つほど選んでからその内の1つに応募することをお勧めします。登録会ではサイトに掲載されていない新規の求人も普通にあったりします。

期間工の面接(登録会)で注意したいこと

派遣会社の面接(登録会)では希望した求人が難しいために別の求人を紹介されることがありますが、これは普通のことです。別の求人を紹介される=他のところだとOKって感じなので検討してみてください。

日総工産の期間工でおすすめの求人は? 【約70件の求人から目的別に厳選】日総工産の面接(登録会)で聞かれる内容と適性検査について日総工産の技能社員(正社員)とは? 年収や賞与、仕事内容に迫る

her

40代・50代から期間工になるには派遣会社経由の方が確実

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: