30代で期間工から正社員になるには? 未経験やニートからなれる方法を紹介

今回は期間工で正社員になる現実的な方法を紹介します。

  • 30代でニート
  • 30代後半でまともな職歴なし
  • 30代貯金なし

だけど正社員になれたらなりたいって方は参考にしてみてください。

30代から期間工で正社員を目指す

基本的に30代未経験で正社員を目指すとなるとラストチャンスに差し掛かっています。

20代の頃は正社員で働いていたけど辞めてから派遣社員やアルバイトで転々としてきた、気付けば30代。今の時代には珍しくありません。

転職は何度も考えてきたけれど給料が安い(営業、飲食、介護など)。であれば期間工のまま高い給料でライン作業をしたほうがマシ。

この考えはごくごく普通です。ですが30代にもなってくると徐々にこのまま期間工で定年まで働くのも無理だと感じてきていると思います。

実際にトヨタやデンソーなんかでも正社員でライン作業をしているのはだいたい40代後半くらいまでです。あとは役職をつけているかオペレーターに従事しています。50代でライン作業をしているのは数人だけ見かけたことがありますが本当に辛そうでした。

結論から先に述べると、30代から期間工でメーカーの正社員を目指す戦略はオススメしません。ですが、メーカーでなくとも正社員になれるルートがあるのでそこで定年までキャリアを形成していくのが得策です。

メーカーの正社員の現状

30代から期間工でトヨタやデンソーといったメーカーの正社員を目指すのは運ゲーになるのと、リスクが大きすぎます。

まず、今の時代はひと昔(期間工全盛期)と違って正社員にはなりにくいです。昔は工場が建てられたばかりで正社員の数が圧倒的に少ない、もしくは車が売れすぎて生産が追いつかないから社員を増やしたいというような背景がありました。

ですが現代では人件費の削減や原価低減などコストに敏感になっています。一応パフォーマンスとして正社員登用実績はそこそこ出しているように見えますが、昔に比べたら少ないです。

なのでメーカーの正社員になるには職場からの評価だけではなくタイミングが必要になります。ただ仕事ができるってだけでは正直厳しいです。

期間工の場合は最長2年11ヶ月働くことになります。なぜ任期満了金が高い金額で出るのかというと、辞めさせることができるからです。

仕事を辞めると、自分で次の仕事を探さなければならないのでお金もかかります。もちろん企業は再就職先の手間隙もかけたくはありません。なので高い任期満了金を払うわけです。労働者にとっても2年11ヶ月と短いスパンで仕事を変えなければならないのはけっこうなリスクです。そのリスクと引き換えにお金をもらっているようなものです。

以上の理由から30代で約3年をかけてメーカーの正社員を狙うのはオススメしません。どうしてもメーカーの正社員になりたい場合は正社員登用者率の高いところへ行くことをおすすめします。

簡単に話をまとめると、

30代期間工から正社員を目指すのは約3年を賭けた運ゲーになる。

このことがよく分かると思います。かといって30代から定年まで期間工というのも相当きつい。

給料・福利厚生がそこそこな正社員を目指す。

これが現実的な戦略になってくると思います。

日総工産の技能社員(正社員)を目指す

トヨタやデンソーで期間工をしたことがあるなら日総工産という派遣会社を聞いたことはあると思いますが、ここでは正社員を募集しています。なぜここが30代からでもおすすめなのかを順を追って丁寧に説明します。

日総工産は、全国に拠点を持つ上場企業であり、勤務地・収入など、 自分の希望に合った条件で工場系のお仕事に就くことができます。

ただの派遣会社かと思いきや、上場しています。

実は、この日総工産では正社員を技能社員という名目で募集しています。

技能社員とは、地域限定もしくは職種限定正社員です。

待遇としては、月給制年2回の賞与もあり、昇給もあります。もちろん退職金福利厚生も完備されています。

特筆すべきこととしては、30代未経験からであっても正社員になれます。

実際に期間工時代、30代で日総工産の正社員になった方がいらっしゃいました。(今でも続いています)

デメリットとしては、日総工産の正社員であっても就業先は提携先の企業となることです。もちろん将来的に別の職種となることで内勤となることも可能です。この辺に関しては期間工と変わらないのでそこまでデメリットには感じられないと思います。

そして重要なのが30代で正社員になってからのキャリア形成です。

将来も見据えたキャリアアップ

日総工産の正社員はずっと同じところで働き続ける必要はありません。

希望すれば、キャリアアップもしっかりできます。

技能社員として最短3年働くことで、自分の適正・希望に合わせて仕事内容を変えることができます。

例えば3年後に機械装置や電気系エンジニアとしてキャリアをスタートし、そこで資格や経験を積んでそのまま就業先の正社員になることも可能です。

また、一度取得した資格は転職の際に有利に働くのでそのまま上場企業⇨上場企業へとスムーズに転職することだってできます。

実際に電気系エンジニアの求人を見てみると年収は450万〜募集されています。

日本で働く平均的なサラリーマンの年収からスタートできます。

もちろん日総工産で電気エンジニアとして働くことで年収もUPします。

そのため安心して社内でキャリア形成ができるので年齢を重ねながら年収を上げていくことができるわけです。

ここで何が言いたいのかというと、日総工産の正社員になることができれば、興味のある製造系、もしくは電気系の資格勉強をしながら着実なキャリア形成をすることができるということです。

正社員なので派遣切りの心配もありません。就業先がダメになったら別のところをちゃんと紹介してくれます。

なので30代から正社員は遅くないです。ここから正社員としてスタートし、資格を取得するなりしてキャリアアップして専門性を身につけてください。そうすればずっとライン作業ってこともありませんし、年収も上がっていきます。将来への不安も軽減されますし、何より安心できます。

もちろん定年まで期間工をやっていけるし、100歳まで生きても老後の資金は絶対大丈夫というような方であれば話は別です。

大多数の30代にとっては、定年まで期間工をする、株やFXで一発逆転を狙う、転職して営業や飲食をやってみるといった方法よりもイメージしやすいのではないのでしょうか?

日総工産の技能社員の特徴としては、

  • 上場企業
  • 昇給・賞与・退職金あり
  • きちんとしたキャリア形成
  • 寮費無料(就業先による)
  • 送迎あり(就業先による)
  • サービス残業なし
  • 有給消化がしっかりできる
  • 年間休日120日以上

となっており、30代、30代後半で期間工からメーカーの正社員を狙うよりもリスクが低く安全だと思います。

もちろん誰でもなれるわけではありませんが、検討してみる、チャレンジしてみる、価値はあると思います。

上場企業なので拠点は全国にあります。

面接も堅苦しくなく、一度応募をしたからといって、必ずしも日総工産で働かなければならないわけでもありません。

そこで働く、働かないの選択は自由です。

技能社員の求人の探し方は、

  1. 下記より日総工産のサイトに入り
  2. 条件・キーワードから「技能社員」と検索するだけです。

すると、求人がヒットするので、働いてみたい、話を聞いてみたいって仕事があれば応募するだけです。

日総工産の技能社員(正社員)とは? 年収や賞与、仕事内容に迫る出稼ぎで月収30万円以上稼ぐには? 最短で稼ぐ方法を徹底解説非公開: 株式投資とは? まずはiDeCo(イデコ)とつみたてNISA(ニーサ)からはじめよう

her

30代未経験から上場企業の正社員になれるのはスゴイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: