光回線はどこがオススメなの?速度と料金で比較して選んでみた

光回線は安いから乗り換えでキャッシュバックが多くもらえるからといった理由で選ぶと失敗します。

なぜ失敗するのかというと、そこには料金、お金を第一に考えているからです。

重要なのは提供エリアでの速度です。

比較する対象を誤ってしまうと大変なことになってしまいます。

また、光回線は種類も多く、プロバイダも多岐にわたっているので結局何を基準に選んだらいいか分かりにくくなっています。

そこで今回はどのような視点から光回線を選んでいけばいいのか?おすすめの光回線はどこなのか?について紹介していきます。

自分にとってベストな光回線を見つけるには?

まずはそもそも光回線ってどれくらいあるの?ってところからざっくりお話します。

 

光回線は大きく分けて3グループ

光回線と言うと、フレッツ光、ドコモ光、au光といったように〇〇光といったようなものを想像すると思います。

実際に光回線は上図のようにかなりの種類があります。

ですが、これらの光回線は大きく分けると、

  • NTT系光回線(フレッツ光、ドコモ光等光コラボレーション)
  • au系光回線(auひかり)
  • 独自の光回線(NURO光等)

となっています。

多くの方が光回線を選ぶ理由として、

  • スマホのキャリアと同じだと安くなるから
  • NTT系列だから

といった理由で選んでいると思います。

 

スマホのキャリアと同じだから

これは例えばスマホがドコモの場合、ドコモ光を契約することで、月々の料金がセット割りで安くなるから契約するといったような感じです。

そのため大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホを使っている方々は、それぞれの光回線を使うといった選択をしていると思います。

ここには月々の料金が安くなる、といったメリットがあります。

しかしここにはデメリットとして、安かろう悪かろうの場合があります。

  • ある時間帯だけ繋がりやすい
  • 自分の提供エリアでは速度が出ない

といったデメリットです。

安い料金を重視するあまり、速度が疎かになってしまう可能性があります。

そのため、大手で料金が安いところを選べばいいのでは?と考えるようになるわけです。

 

大手だから

NTTの光回線(フレッツ光、ドコモ光等)の場合、加入者が多く、大手となっているため、とりあえずNTTにしておけば大丈夫と思っている方が多いですが、ここにも罠があります。

確かに加入者が多いほど設備投資も比例して進むため安定した回線を提供できると思われますが、

基本的に光回線の場合、

  • 加入者が増える=速度が落ちる

のが現実です。

その理由としては、加入者数に対して回線の帯域が追いついていないからです。

 

ドコモ光の急激な加入者数の増加

実際にドコモ光では、サービス開始から、約3年で500万件を突破しました。

一般的に契約数の増加に伴って回線の増設工事を行っていくようにはなっているのですが、最近では間に合わなくなっているが故に速度低下を招いています。

そのため、安易にNTT系列だからといった理由で光回線を選ぶには非常に危険です。

では、どうすればいいのかというと、これまでの話の流れから分かるように

  • 利用者数が少なく速度が早い

光回線を選べばいいわけです。

 

光回線で加入者も少なく速度が早いのはどこ?

結論から述べると、契約数が少なく速度も早い光回線はNURO光になります。

NURO光は光回線の中でも独自の光回線になります。

  • NTT系光回線(フレッツ光、ドコモ光等光コラボレーション)
  • au系光回線(auひかり)
  • 独自の光回線(NURO光等)

また、光回線の中でも契約者数が少ない方であり、速度も早いです。

NURO光とは?

光回線の中でもNURO光はあまり聞いたことがないと思いますが、

NURO光とは

  • プレイステーション4などで有名なソニーの子会社であるSo-netサービスが展開
  • 最大2Gbpsの光回線

といった特徴があります。

 

NURO光の速度を他の光回線と比較

実際にNURO光の速度がNTT系光回線(フレッツ光、ドコモ光等光コラボレーション)、au系光回線(auひかり)なんかと比較してどれくらい速度が出るのかというと、

  • フレッツ光:最大速度1Gbps
  • auひかり:最大速度1Gbps
  • NURO光:最大速度2Gbps

と他の光回線の2倍となっています。

なぜNURO光がここまで速度が早いのかというと、それは独自の光回線であるSo-netがワンストップでサービスを提供しているからです。

 

NURO光の料金

一般的な光回線の月額料金が5000円前後なのに対し、NURO光は4743円と安い料金になっています。

 

NURO光の提供エリア

しかしNURO光はまだまだ契約者数が少ないこともあって日本全国ではサービスを展開しておりません。

最近では北海道が提供エリアとなりました。

これらの地域にお住まいの方におすすめの光回線は間違いなくNURO光です。

NURO光が使えるかどうかはこちらのサイトで簡単に調べられます。

NURO光の提供エリアか調べてみる

NURO光はWi-Fiルーターがいらない

ドコモ光やau光、ソフトバンク光と違ってNURO光のONUには無線LANルーター機能(Wi-Fi)が一体化しているので別途Wi-Fiルーターを用意する必要がありません。

これはつまりNURO光を申し込み、工事にてONUを取り付けてもらえば自分で無線LANルーターを取り付ける手間暇がいらないことになります。

 

NURO光をはどこから申し込めばお得?

NURO光は以下のサイトから申し込むのがお得です。

  • 45,000円のキャッシュバック
  • 工事費無料
  • 開通の翌月から30ヶ月、月額基本料金割引

などの特典が受け取れます。

契約者数が少ない上に速度も早く、料金が安いのはもはや最強です。

光回線はNURO光で決まり

 

NURO光の提供エリア外だったらどこがオススメ?

NURO光を契約しようと思ったけど、提供エリアではなかった方のためにおすすめの光回線を紹介します。

基本的にこの場合も速度と利用者数が少ないところを意識しましょう。

結論から先に述べると、

  • auひかり(プロバイダはSo-net)

になります。

地方光回線は設備がその会社によって異なるのでここではおすすめしません。

なぜauひかり(So-net)をおすすめするのかというと、

  • 最大1Gbpsの光回線
  • 光回線が最安値

となっているからです。

速度に関してもau系の光回線となっているのでNTT系光回線とは異なっています。

なのでNTT系光回線と比較して契約者数が少ないので速度が早いです。

 

auひかりの料金

また、auひかり(So-net)を利用した場合の料金は、

auひかり(So-net) 戸建て

  1. 最大1Gbpsの光回線
  2. 3年間 月額3,480円
  3. au契約者であれば、スマホのパケット料金が永年割引

auひかり(So-net) マンション

  1. 最大1Gbpsの光回線
  2. 2年間 月額1,800円
  3. au契約者であれば、スマホのパケット料金が永年割引

となっています。

比較してみると分かりますが、auひかり、NURO光、ドコモ光、フレッツ光と料金を比べても圧倒的な安さです。

光回線 マンション料金比較(プロバイダ料金込みで計算)

auひかり
(So-net)
NURO光ドコモ光フレッツ光
月額料金1,800円4,742円4,000円3350円

しかし、au光にもデメリットがあります。

それは、auひかりの契約期間は3年となっている点です。

ちなみにフレッツ光やドコモ光は2年です。

ですが、その分auひかりでは、月額料金が安く設定されているので長く使う上ではかなりお得です。

NURO光の次に光回線の候補となるのは、auひかりで決まりです。

auひかりはこちらから申し込むことでお得な特典を受けることができます。

So-netでauひかり!お得なキャンペーン実施中!

ちなみにauひかりも提供エリア外であった場合は、ドコモ光がベストです。

ドコモ光の提供エリアを1分で確認する方法【プロ×AIによる資産運用】THEO+docomoのメリット・デメリット

her

光回線は速度重視で選ぶべき。NURO光は最速

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。