自衛隊って普段の仕事は何してるの?

今回は自衛隊で働く自衛官は普段どんな仕事をしているのか?をフランクに紹介します。

僕も自衛隊に入るまでは、自衛官って何もない日はひたすら身体を鍛えたりしているのかな?と想像したりしていました。

自衛官の仕事内容

実際に自衛隊に入って教育隊を終え、部隊に配属されると、一般的な自衛官として仕事をこなしていくことになります。

陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊、もちろん職種、部隊ごとに仕事の内容は異なっていますが、共通するところもあります。

 

年間行事

自衛隊では、だいたい1年ごとにやることが決まっています。

これは演習だったり、行事だったりです。

演習

陸上自衛隊なんかでは年間を通してけっこう演習があります。

規模のある演習だと何週間も続きます。

演習があるときには、演習の前から必要な物資を準備したり、運んだりもします。

もちろん武器の整備なんかもやったりします。

演習後にも使った機材を整備したり、洗車したりもします。

なんだかんだ演習の前後はやることが多くて忙しいです。

行事

自衛官をやってると、行事に参加させられることもあります。

制服で出席しなくちゃいけないのでけっこう大変です。

体力検定

年に何回かあります。

腕立て伏せやら腹筋やら3000m走です。

淡々とこなしていく部隊もあります。

射撃

こちらも年に何回かあります。

闘技

銃剣道や格闘、スキーといったスポーツを勤務時間中にやる時期があります。

部隊内で大会が開かれたりもするので練習はけっこうがっつりやります。

 

普段の仕事内容 勤務編

毎月ごとにだいたいやりそうな仕事内容としては、

警衛

多いところだと週に何回か、少ないところで月1で回ってきます。

経営は夜通しやります。

覚えることもけっこうありますが、慣れればそうでもないです。

当直

勤務隊舎で当直をやります。

休みの日は外出の管理もします。

警衛ほどは忙しくないです。

生活隊舎での当直

生活全般の仕事です。

消灯後に各部屋の電気が切れているか確認したり、風呂の温度が適切か確認したりします。

ゴミ捨てなんかもやります。

やることが決まっているので楽です。

残留

一言で言えば、残留の日は駐屯地内に居てくださいね、ってことです。

駐屯地内にいれば何をしていてもOKです。

休みの日に残留になると外出できないので、そこはきついかもしれません。

 

普通の日は何してるの? 日常編

自衛官として仕事をしていると、当直やら何やらうまいこと回ってきます。

それでも何もやることがない場合は、部隊で使う機材や物資の整備をしています。

僕のいたところでは、車検の準備だったり、タイヤ交換だったり、塗装の上塗りだったりといろいろやりました。

演習で使った物の片付けもありますし、なんだかんだやることはあります。

暇なときは意外と少ないです。

戦闘職なんかは、よく走ってタイムを測ったりしていました。

日常的に体を鍛えるところも普通にあります。

まとめ

だいたい自衛隊でやることと大まかなものはこんな感じです。

細かなところはもちろん職種や部隊によります。

夜勤のある部隊だってあります。

その辺は入ってみないとわからないです。

向いている人には楽かもしれないし、向いていない人にはきついかもしれません。

自衛隊に向いている人、向いていない人についてガチで解説してみた

これから自衛官を目指す人の参考になればと思います。

her

自衛隊で毎日やってることってハデなことばかりじゃない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。