内向型、外向型の人間に合う仕事を見つける方法

よく内向型の人間は生きづらい向いてる仕事がない、と言われたりします。

その理由としては、世間では外向型人間の方が魅力的と思われたりするからです。

今回は自分が内向型、外向型を診断し、それぞれの特徴に合った仕事を探す方法を紹介します。

 

自分は内向型か外向型か

自分に向いてる仕事を探す上で大事なのは自分が内向型か外向型かを理解しておくことです。

ざっくりと解説してみると、外向性と内向性は、心理学者のカール・ユングによって生み出されました。

内向的とは、

自分自身の精神状態に大部分は関心がある一面のことであり、控えめで内省的な性格をしています。大勢でいるよりも一人でいることを好み、読書やコンピュータなんかを趣味にしています。

外向的とは、

外界の自分に対して第一に満足感を得る状態のことであり、人とのコミュニケーションを楽しみ、あることに熱狂的かつ、おしゃべりであり、はっきりと主張しつつ、また他人と群れることの多い傾向があります。パーティやグループ活動が好きです。

といった性格をしています。

要するに自分が内向的か外向的かによってそれぞれ得意とする仕事も違ってくるということです。

内向的な人が外向的な仕事をしてみたり、反対に外向的な人が内向的な仕事をしたりすると当然離職率は高くなっていきます。

そのため、長く働き続けるためには、分の性格を詳しく分析した上で仕事を選んでいく必要があります。

 

どうすれば内向型か外向型かわかるのか

では、どうすれば自分が内向型なのか外向型なのか知ることができるのかというと、

それはMIDAS(ミイダス)というサービスです。

理由としてはシンプルに、

  • 無料でできる
  • 外向性、内向性が科学的な方法で分かる
  • 向いている仕事がランキングで表示される

からです。

これらがミイダス中の総合適性検査(心理テスト)でわかります。

以前に僕もやってみたところ、普通に当たりました。すごいです。

やり方としては、

からミイダスにアクセスします。

そして、

  1. 市場価値診断(テキトウでOK)
  2. ミイダス適性チェック (総合適性検査)

を受けます。

そうすると、こういった結果がでます。

このチームワークというところで自分が外向的なのか内向的なのかを知ることができます。

さらに、自分が内向型か外向型かがわかった上で自分にどういった仕事が向いているのかを下図のように知ることができます。

無料でここまで診断できるのは素晴らしいです。

たったの5分程度の総合適性検査を受けることで、

  • 自分の内向性・外向性
  • 自分に向いている仕事

を手っ取り早く知ることができます。

ここで得た情報をもとに仕事を探せばいいだけです。

最後にどちらかというと内向型人間の僕が読んでみて面白かった書籍を紹介します。

her

自分が内向型、外向型かを調べてみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。