【最新版】自衛隊の身体検査に合格するための基準

自衛官になるには身体検査に合格する必要があります。

自衛隊の身体検査は一般的な健康診断と違って明確に合格の基準が定められています。

ですが2019年4月1日より、身体検査の合格基準が一部変更されました。

このことにより、多くの方が自衛官を目指せるようになりました。

また、最近では自衛隊の隊員数が不足していることもあって自衛官になりやすくなっています。

自衛隊 採用年齢引き上げするも隊員確保に苦戦する理由と倍率について

身体検査の合格基準

今回変更される採用種目としては、

  • 自衛隊幹部候補生
  • 海上自衛隊技術海上幹部
  • 航空自衛隊技術航空幹部
  • 海上自衛隊技術海曹及び航空自衛隊技術空曹
  • 自衛隊一般曹候補生
  • 自衛官候補生
  • 防衛大学校学生
  • 防衛医科大学校学生
  • 陸上自衛隊高等工科学校生徒
  • 予備自衛官

となっています。

このことにより、これまで身長や視力で自衛官を諦めていた人たちも目指せるようになりました。

 

いつ身体検査を受けるのか

自衛隊 身体検査 合格基準

自衛隊の試験を受ける際に身体検査を受ける時期についてなのですが、

自衛官候補生の場合は受験したすべての者に対し、それ以外の採用区分については1次試験突破後に最寄の駐屯地で受けることになります。

 

自衛隊の身体検査で診られる項目

自衛隊の試験である身体検査でどんな項目が検査されるのかというと、

  1. 身長
  2. 胸囲・体重
  3. 肺活量
  4. 視力
  5. 色覚
  6. 聴力
  7. 血液検査
  8. 尿検査
  9. 胸部X線検査

といった項目になります。

けっこうな項目数になるのではないのでしょうか。

ですが、この検査項目の中でも、

  • 胸囲、肺活量については基準が廃止されました。

なので胸囲や肺活量についてはよほど異常がない限りは合格できると見て間違いないです。

 

自衛隊の身体検査の合格基準

それでは順番に身体検査の合格基準を伝えていきます。

身長については、

  • 男子:155cm以上⇒150cm以上
  • 女子:150cm以上⇒140cm以上

に変更されました。このことによりより多くの方が自衛官になれるようになります。

胸囲については合格基準が廃止されました。

体重については、

といったような基準となっていましたが、

といったように、身長基準の変更に伴い、身長に応じた体重に関する合格基準が新たに追加されました。

視力については、

  • 両側とも裸眼視力が0.6以上
  • 裸眼視力が0.1以上で矯正視力が0.8以上又は裸眼視力が0.1未満であって矯正視力がプラスマイナス8.0ジオプトリーを超えない範囲の屈折度のレンズによって0.8以上であるもの

となっていましたが、

  • 「両側の裸眼視力が 0.6 以上又は矯正視力が 0.8 以上であるもの」

に変更されました。

色覚は、

  • 色盲又は強度の色弱でないもの

聴力は、

  • 正常なもの

については、

  • 多数のう歯又は欠損歯(治療を完了したものを除く)のないもの

その他の合格基準については、「刺青がないもの」としていますが、次のとおり、例外規定を設けます。

  • 「専ら美容を目的として眉又はまぶたに施されたものについては、この限りでは
    ありません。」

と基準が緩和されました。

 

自衛隊の身体検査で落ちる理由&よくある質問

自衛隊の身体検査では、これらの項目のうち、何か1つでもひっかかると普通に落ちます。

ただ、虫歯に関しては、入隊までに治療をしておけば大丈夫です。

色覚検査については緊張して落ちてしまっても再チャレンジできます。

血圧も同様です。

また、尿検査については試験前日に緑茶を飲みすぎたりしてもNGです。

ジュース類やビタミンC剤などもやめておきましょう。

身体検査当日の服装は?

制服もしくはスーツです。ジャージはNGです。

 

身体検査の合格率は?

身体検査に関しては基準を満たしていれば合格できます。

 

まとめ

これまでの情報を簡単にまとめます。

自衛隊のほとんどすべての採用種目で身体検査の見直しが行われました。

これまでは、

といったような基準となっていましたが、

平成31年4月1日より、

  • 身長の合格基準
  • 胸囲、肺活量について、基準を廃止
  • 視力の合格基準
  • 眉又はまぶたに施された美容整形は例外

と一部変更されました。

自衛隊の身体検査の合格基準が変更されたことについては、

防衛省の身体検査の合格基準の一部変更に関するお知らせから確認できますので興味のある方は確認しておくことをオススメします。

her

自衛隊の身体検査は合格基準がしっかりと決まっているので安心!
自衛隊の適性検査に落ちないためには?自衛隊に向いている人、向いていない人についてガチで解説してみた自衛隊 一般曹候補生の過去問が解けないときの3つの対策

2 COMMENTS

ひろ

こんにちは。少しお尋ねしたいことがあります。
今年予備自衛官補と幹部候補生を受験したのですが、どちらも血液検査(採取)がありませんでした。予備自衛官補は合格をいただき幹部は結果待ちの状態です。
血液検査は入隊時に行うようになったのでしょうか。
身体検査で落とされるのではないかと不安に思っています。
何か知っていることがあれば教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

返信する
her

ひろ様、まずは予備自衛官の合格おめでとうございます!
血液検査は入隊後に行われた記憶があります。
https://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/pdf/y/28kankouippany.pdf
自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令なんかを見てみても、
第2条 自衛官、自衛官候補生、予備自衛官補、学生及び生徒の採用のための身体検
査(以下「身体検査」という。)は、採用予定者を決定するとき及び採用予定者を
入隊させ、又は入学させるときに行うものとする。
となっています。
同様に別表第1(男性自衛官合格基準)においても、血液検査は記載されていないので、
入隊後に検査する認識でいいと思います。
検査しなかったという理由で落とされることはないのでそこは大丈夫です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。