30代で人生一発逆転を狙って自衛官を目指すのはアリなのか

今回は30代で自衛官になるメリットデメリットについて元自衛官の僕が解説します。

30代で自衛官になるかどうか迷ってるって方は参考にしてみてください。

30代で自衛官になるってどうなの?

 

結論から言うと、30代で自衛官を目指すのはアリです。

  • 今の給与が少ない
  • ボーナスが雀の涙
  • 正社員じゃない

ここに当てはまる方は自衛官になることを前向きに考えてもいいと思います。

MEMO
自衛官は公務員のなかでも特に採用されやすいです。

最近では、長引く少子化、士の不足によって自衛官の採用上限が引き上げられました。

その結果、自衛官のうち「自衛官候補生」と「一般曹候補生」の募集対象は18~32歳で、上限が6歳引き上がったことになります。

自衛隊 採用年齢引き上げするも隊員確保に苦戦する理由と倍率について

30代であっても32歳までであれば特別職国家公務員である自衛官になるチャンスができたわけです。

 

そもそも自衛官ってどれだけ足りないの?

では、実際に自衛官がどれだけ不足しているのかというと、

採用計画数に対する採用者数が不足しており、充足率は80%に届いていないです。

現にロイターニュースによると、

自衛隊の定員24万7154人(2017年3月31日現在)に対し現員は22万4422人で、充足率は90.8%。内訳では幹部自衛官の方が充足率が高く、「士」と呼ばれる一番下の階級では73.7%にとどまっている。

となっています。

このように自衛隊では、階級が「士」の層が圧倒的に足りていないです。

「士」とは、

自衛隊における階級であり、曹の下に位置します。

自衛官候補生・一般曹候補生として入隊すると、階級は2士からスタートします。

士は2士→1士→士長の順に階級が上がっていきます。

生涯にわたって自衛官として活躍していきたいって場合には、士長になって曹への選抜試験を受け合格しなければならないことを押さえておいてください。

 

自衛隊っていくら給与出るの?

自衛隊では年齢に関係なく完全に階級社会となっているため、階級号棒によって給与が決まっていきます。

一番最初に駆け出しの自衛官(2士)として入隊した場合の給与は、

  • 月給:172,000円(2019年)

になります。

だいたい民間の高卒1年目と同じくらいです。

これに年2回(6月、12月)の賞与(ボーナス)がつきます。

ボーナスは夏冬合わせて約4.5ヶ月分でます。

勤務を続けていくと、自動的に2士→士長までは階級が上がっていきますので、

士長の時点で給与は、

  • 月給:186,800円(2019年)

になります。

階級が士の場合、給与だけで見ると民間とあまり変わらない部分があると思いますが、

自衛隊では、

  • 宿舎費は無料で、食事(月額約27,000円相当)、制服・作業服・ワイシャツ・靴
    その他の被服類、寝具等も支給又は貸与

されます。

なので手取り=小遣いとなります。

自衛官候補生の手取りはこちらを参照にしてみてください。

ぶっちゃけ自衛官候補生っていくら稼げるの?って話

一般曹候補生についてはこちらをどうぞ。

自衛隊 一般曹候補生 初年度の給与自衛官候補生と一般曹候補生の違い&メリットやデメリット

 

平均的な正社員の生活費と比較

平均的な正社員の男性の生活費が下図のようであることを考えてみても、自衛官の生活水準は上がります。

家賃約72,000円
食費約35,000円
水道光熱費約8,000円
通信費約11,000円
飲み会代・デート代約26,000円
趣味娯楽費約18,000円
日用品・消耗品購入費約6,000円
合計約176,000円

そして自衛隊では「士」で試験を受けて「曹」になることで、基本給もさらに上がっていきます。

こちらは自衛官の階級と号棒による基本給の目安です。

「自衛官候補生」や「一般曹候補生」として入隊し、階級が「曹」になった場合には、定年までにはだいたい曹長から准尉までは階級が上がると見込まれています。

なので最終的な基本給は35万~40万前後は見積もってもいいと思われます。

夏・冬のボーナスは合わせて基本給の4.5ヶ月分は出るため、かなりもらえます。

それに対して日本のサラリーマンの平均年収が400万円前後であることを考えると、長い目で見れば、自衛官の方が圧倒的に稼げます。

なので30代で自衛官に転職しようかどうか迷っている人は、それぞれのメリット・デメリットを認識する必要があるわけです。

メリットとしては、

  • 特別職国家公務員なので給与が安定している
  • 景気に左右されない
  • 衣食住の費用がかからない

デメリットとしては、

  • 「曹」になるまでは給与が安いし大変
  • 30代で10代、20代と一緒に仕事をしなければならない

といったところになります。

30代で自衛官に転職しようかどうか迷っている場合は、リスク管理が求められます。

待遇や安定のみを求め、生半可な気持ちで自衛官に転職するのはオススメできません。

それはただのギャンブルです。

現場の環境は大変なところもありますが、それを乗り越えれば、人並み以上の安定した生活が待っています。

  • 今のまま現状を維持するのか
  • あるいは自衛官になって頑張るのか
  • はたまた別の道を歩むのか

この辺についてはよく考えておくべきです。

リスクを回避するためにも事前に自分が自衛隊に向いているか、向いていないかについて知っておくのがベストです。

自衛隊に向いている人、向いていない人についてガチで解説してみた

また、自衛官を目指す上で意識しておきたいことは、転職業界で今の自分の市場価値を理解しておくことです。

具体的には、転職サイトに登録し、今の自分にはこれくらいの年収でこれくらいの企業で働ける客観的な評価を得ることです。

そうすることで、自分が自衛官になるべきかどうかの決断をすることができます。

ちなみにその当時の僕は転職サイトに登録して市場価値を確認することで自衛官になることを決意しました。

30代はキャリアにおいて取り返しのつかない分岐点となる可能性もあるので将来の自分のためにもあらゆるリスクを考慮した上で行動していくのがベストです。

もし自衛官を目指したいって方は、こちらをどうぞ。

自衛官になるには? 試験内容や倍率、採用後の流れまで徹底解説

自分の市場価値を知るために利用しておきたい転職サイトとしては、「DODA」がおすすめです。

僕も使ったことがありますし、エージェントの方も丁寧で仕事ができる方でした。

優良企業への転職情報ならdoda

DODAの特徴としては、

  • 全国どこでもキャリアカウンセリングが受けられる
  • 国内最大級の求人数で質もいい
  • スカウトサービスがある

といった点です。

大手・優良企業を中心に常時豊富な求人情報を掲載している転職サイトなので自分の市場価値が一瞬で分かります。

ここでエージェントから紹介された求人(年収)=自分の市場価値となるので、これが自衛官以上のものであり、価値を感じるのであればそのまま転職してみるのもアリです。

逆の場合には自衛官を目指す決断ができます。

職種、年齢、経験も関係ないので利用しないという選択肢はありません。

自分の将来について真剣に考えているのであれば、時間をかけて念入りにやっていくべきです。

一人でも多くの方がうまくいくことを願ってます。

her

30代で自衛官を目指すのに大切なのはリスク管理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。