たったの5分で自分に向いてる仕事を見つける方法

たったの5分で自分に向いてる仕事を見つける方法を紹介します。

その方法とは、自己分析をすることです。

ですが、この自己分析、

  • 自分でやってはいけません

なぜなら自分のことがよくわからない状態で自己分析をしても、結局よくわからないままで終わってしまうからです。

 

自己分析は難しいので診断をするべき

一例を挙げると、大学を卒業した新卒のうち3人に1人は以下のような理由で離職します。

  1. 自分の希望と業務内容のミスマッチー37.9%
  2. 待遇や福利厚生に対する不満ー33%
  3. キャリア形成が望めないー31.5%

ダントツで自分には合っていないといった理由で辞めているのです。

このことからもいかに自己分析が難しいのかが理解できると思います。

 

自分に向いてる仕事を探すシンプルな方法

では、自分に向いてる仕事をどうやって探せばいいの?といった話になってくるとは思いますが、方法としては適性診断をすることです。

そこでオススメなのが、MIDAS(ミイダス)というサービスです。

なぜMIDASなのかというと、

  • 無料でできる
  • 外向性、内向性かが判明する
  • 向いている仕事がランキングで表示される

からです。

これらの診断がミイダス中の総合適性検査でできます。

以前に僕もやってみたところ、普通に当たりました。すごいです。

やり方としては、

からミイダスにアクセスします。

そして、

  1. 市場価値診断(テキトウでOK)
  2. ミイダス適性チェック (総合適性検査)

を受けます。

そうすると、こういった結果がでます。

このチームワークというところで自分が外交的なのか内向的なのかを知ることができます。

そして、自分の内向性、外交性がわかった上で自分にどういった仕事が向いているのかを下図のように知ることができます。

たったの5分程度の総合適性検査を受けることで、

  • 自分の内向性・外交性
  • 自分に向いている仕事

を手っ取り早く知ることができます。

ここで得た情報をもとに仕事を探せばいいだけです。

自分が内向的か外交的かを知るには、科学的、心理学的に正しい手法で確かめるべきです。

さらに内向型か外交型かわかった上で利用するべきエージェントサービスも紹介しておきましす。

 

損をしたくないなら登録するべきエージェントサービス

基本的に就職・転職活動をする際に、10代・20代であれば正社員にしましょう。

20代までであれば普通に正社員になれます。30代を過ぎるとガチで厳しいです。

転職活動では2、3社以上登録するのがデフォです。エージェントサービスもフル活用してください。

その理由としては、エージェントサービスを利用することで、希望条件に合った仕事を紹介してくれるだけではなく、その企業にあなたのことを紹介した上で交渉してくれます。

なので普通に自分で受けるよりも書類選考や面接なんかはパスしやすいです。

おすすめの転職サイトとして1つ目が、株式会社DYMです。

若者に特化した就職サービス【DYM就職】無料登録

特徴としては、

  • 20代の若者に特化している
  • 書類選考なしで面接が受けられる
  • 就職率が96%

といった点です。

書類選考なしで面接が受けられるのはここだけです。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の地域に対応しているので、

こちらにお住まいの方は登録しておくのがベストです。

2つ目にオススメできるのがDODA(デューダ)です。

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

特徴としては、

  • 全国どこでもキャリアカウンセリングが受けられる
  • 国内トップレベルの求人数で質もいい
  • スカウトサービスがある

といった点です。

DODAを利用するならエージェント(スカウト)サービスは必須です。希望条件に沿った求人のみを紹介してくれます。

her

向いてる仕事を診断してから就職・転職活動をするのが賢明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。