自衛隊を教育隊で辞める方法と手順について

自衛隊を教育隊で辞める方法手順について詳しく話します。

今このページを読んている時点で自衛隊を教育隊で辞めようか考えていると思います。

自衛隊の教育隊ってぶっちゃけ人によってはきついです。

  • 体力的についていけない
  • 人間関係で精神的に辛い

って方は本当に大変だと思います。

僕も経験したことがあるので痛いほど分かります。

なぜ自衛隊を辞めたいのか

一般曹候補生や自衛官候補生として入隊をしたのはいいけど、

  1. 教育隊が辛い・厳しい・きつい
  2. 思っていたのとは違う
  3. 他のことを目指したい

といった理由で自衛隊を辞める人たちは毎年少なからずいます。

なので自衛隊を教育隊で辞めることは珍しいことではありません。

 

そもそも自衛隊の教育隊って辞めれるの?

まず自衛隊を教育期間中で辞められるのかついて結論を述べると、

普通に辞めれます

教育隊で辞められないといったことはまずないです。

また、自衛隊を教育隊で辞めたからといって次の仕事がないということもないです。

教育隊を辞める理由についてなんですが、

  • 教育隊が辛い・きつい、厳しい
  • ケガや病気をした
  • 他の事を目指したい

といった理由が最も多くなっています。

 

教育隊が辛い・きつい・厳しいといった理由で辞める

自衛隊(陸上・海上・航空)の教育隊では、朝から晩まで同期と一緒に過ごすのでプライベートがありません。

息抜きは土日くらいです。

それ以外は常に仕事をしているような意識になってしまうので精神的にも身体的にも疲れてしまいます。

それに加え、教育隊では集団で生活をするので人間関係が大変だったりもします。

そういった要素が積み重なって

  • 精神的につらい
  • 身体的にしんどい

といった症状が出てくる隊員もいます。

こうした症状が出てきたり、あるいは人間関係で悩んでいる場合には、

  • 班長や区隊長に遠慮なく相談してください。

(いちいち辞めたいと相談したからといって怒られることは99.9%ありません)

できるだけ辞めずに済む方法を提案してくれたりもします。

もちろん、本人の意思を尊重してくれますので、どうしても辞めたい場合は退官することができます。

 

自衛隊の教育隊を辞める手順と方法

教育隊で自衛官を辞めるとなると、

  • 自分が二十歳以上なのかどうかで今後の進み方が違います。

その理由としては、

未成年だと保護者の同意が必要

だからです。

成人しているのであれば自分の意志で辞めれます。

未成年の場合、教育隊で自衛官を辞める流れとしては、

  1. 班長に相談する
  2. 区隊長と話す
  3. 親(保護者)の許可をもらう
  4. 教育隊の隊長と話す
  5. 場合によってはそれ以上の方と話す

といった手順になります。

3番目の保護者の許可をもらうといった部分に関しては多少順番が前後する可能性があります。

そのため場合によっては、

親が駐屯地に来る可能性

もあります。

本人と親(保護者)を交えて区隊長あるいは教育隊長とお話をするというわけです。

正直なところ、未成年者に関しては親の同意がなければ辞めることはできません。

なので、もし自衛隊を教育隊で辞めるとなったら

必ず事前に親に連絡するなり相談するなりしてください。

その理由としては、そもそも辞めることを親に伝えていなければ、親と区隊長たちをその場で説得しなければならないからです。

なかなか未成年の立場で親を納得させるのは大変かもしれませんが、ここは頑張るしかないです。

 

自衛隊を教育隊で辞めることが決まったら

なんとか自衛隊を辞めること決まったら、10日前後は寮の居室で待機します。

その理由としては、

退官手続きの書類に時間がかかる

ためです。

教育隊にしろ自衛官を辞めるのは同じなので、最終的に幕僚長の許可が必要になります。

この書類のやり取りには10日前後かかりますので、その間は自衛隊の居室で待機して時間を過ごすことになります。

ちなみにこの期間はもう辞めることが決まっているので訓練には参加しません。

なので同期と食堂へ行ったりすることもないです。

同期といっしょに過ごすこともありません。

  • 官品の返納
  • 荷造り

をしていきます。

官品の返納としては、ネームを外したり、制服を綺麗にしたりします。

荷造りには航空券の予約も含みます。

そしていざ除隊する日になったら、

最後に区隊の前で別れの挨拶

をします。

これで自衛隊の教育隊を辞めることができます。

 

スムーズに次の仕事を探す

教育隊で自衛隊を辞めるときには就職支援がないので、

自衛隊を辞める前に就職先を決めるか、あるいは事前に探す必要があります。

また、教育期間中となると自由な時間を持つこともできないので就職活動は実現可能な方法に限られます。

このことからも、

教育期間中に自衛隊を少しでも辞めたい、と思ったらすぐに就職支援サイトに登録することが賢明です。

辞める前に転職サイトを利用することで、

  • 在職中に探せるのでメンタルが安定する
  • 自分の市場価値に合った仕事を知れる

といったメリットを得ることができます。

自衛隊を辞めた後だと、収入がない中で社会保険料の支払いと転職活動をこなしていかなければならないので焦りが生じます。

その結果、ブラック企業に入ってしまう、といった可能性も無きにしも非ずです。

また、辞めてから時間が経てば経つほど離職期間が長くなるので転職には不利です。

辞めると決めたらすぐに転職活動を始めてください。

効率的に転職活動をするなら

基本的に転職活動をするとなると、10代・20代であれば正社員にしましょう。

これから紹介するサービスは僕も使ったことがあるので間違いなく使えます。

エージェントサービスは登録に時間がかかるのが難点ですが、一度登録さえしてしまえば、好きなときに転職活動をすることができます。

おすすめの転職サイトとして1つ目が、株式会社DYMです。

若者に特化した就職サービス【DYM就職】無料登録

特徴としては、

  • 20代の若者に特化している
  • 書類選考なしで面接が受けられる
  • 就職率が96%

といった点です。

書類選考なしで面接が受けられるのはここだけです。

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の地域に対応しているので、

こちらにお住まいの方にはオススメです。

早い人だと数週間以内に内定が取れるのでスピーディーな対応が期待できます。

 

2つめにオススメできるのが、ウズキャリです。

10~20代の第二新卒・既卒(フリーター・ニート)に特化した就職サポート

ウズキャリの特徴としては、

  • 10〜20代に特化
  • 内定率86%
  • 遠方でも電話面接ができる

といった点です。

東京、大阪、名古屋、福岡、沖繩にお住まいでない方でも電話面談ができるのはここだけです。

書類通過率も87%超え、厳しい調査でブラック企業も排除されているので安心して利用することができます。

それぞれの転職サイトにて扱っている非公開求人は異なっているので、

  • DYMを利用できるならウズキャリも利用
  • DYMを利用できないならウズキャリのみ利用

するスタンスが最適です。

かなり長い記事になりましたが、自衛隊を辞めるのは普通の仕事を辞めるのよりも大変です。

なのでしっかりと準備・計画を立てて辞めましょう。

後悔したくないなら20代のうちに正社員になったほうがいい3つの理由

正社員を目指す理由が書かれています。

自衛隊を辞めたいと思ったら知っておきたい3つの事実

すでに部隊に配属された方向けです。

her

転職するならエージェントサービスは必須の時代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。