自衛官はモテるのか?について真面目に答えてみた

今回は、実際のところ自衛官って女性からモテるの?ってところをぶっちゃけていきたいと思います。

自衛官はモテるのか!?

実のところ、僕も自衛隊に入る前までは、自衛官はモテると思っていました(笑

その理由としては、自衛官のイメージとしては、やはり男らしさだったからです。

なので自衛隊を目指している人の中には、自衛官になったらモテたい。

あるいは、モテると期待している人もいると思います。

もしくは、そもそも本当にモテるの?ってところが気になってると思います。

この辺については僕からリアルに語っていこうと思います。

 

そもそも自衛隊内に出会いってあるの?

よく自衛官には出会いがないし、自衛隊内でも出会いがないと嘆いている自衛官は星の数ほどいます。

僕の経験を元にお話をすると、

  • 残念ながら事実

です。

まず、僕の場合は一般曹候補生として北海道の真駒内駐屯地で教育隊を受けました。

そこでは同時期に女性の自衛官候補生も教育隊を受けていました。

北海道で自衛官になったら教育隊で配属される真駒内駐屯地について

基本的に自分から積極的に行動しない限りは知り合う機会はないです。

接点としては厚生センターやSNS、知り合いを通じてが多かったと思います。

実際にそこから生まれたカップルもいました。結末はわかりませんが(笑

後期教育隊の場合は、自分の所属する職種に女性自衛官がいれば知り合う機会はあると思います。

部隊配属後は部隊に女性自衛官がいればありますが、部隊では難しいです。

その理由としては、倍率が高いからです(笑

基本的に新しく入ってきた女性自衛官はモテれば上官や先輩からも狙われますし、実際に結婚に至ることだってあります。また、元々付き合っている方もいます。

そういった事情もあって自衛隊内、特に女性のいない部隊では、出会いゼロです。

よくナイナイのお見合い大作戦に自衛隊が取り上げられているのもそれが理由です。

さらに勤務地が田舎だとそもそも遊ぶ場所もないし若い女性もいないため、詰んでいます。

そのため彼女を作ろうとしても作れない状況となっています。

 

女性は自衛官に対してどのようなイメージを抱いているのか

そもそも世間一般の女性にモテる職業を見てみると、

公務員が1位となっています。

実際に将来を現実的に考える高校生であっても公務員の人気は根強いです。

自衛隊は公務員の中でも特別職国家公務員となっています。

また、女性が抱く自衛官へのイメージとしては、

  • 男らしい
  • 礼儀正しい
  • 優しい

といった感じになります。

男らしい

1つ目の男らしいってところに関しては、イメージ通りです。

自衛官は厳しい訓練を乗り越えているので、世間一般の男性と比べて男らしさは格段にあります。

礼儀正しい

2つ目の礼儀正しいに関しても、姿勢の正しさ、規律の維持、時間を守るといった自衛隊の特徴をよく表しています。

しかし実際のところ、時間を守ったり、規律を遵守するといlったところは魅力的な部分が大いにあるとは思うのですが、街にいる女性が自衛官とデートをしていて残念だと思う部分は、門限があるところらしいです(笑

こればっかりは仕方のないところではありますが(笑

優しい

3つ目の優しさに関しては、日本の女性が男性に対して求めるものは優しさが多数を占めていることを考えてみれば当然のところです。

自衛官であれば、厳しい訓練に日々耐えているのでストイックな面とは裏腹に優しい一面もあるのではないかと期待されています。

真面目で寡黙なイメージギャップになっているのかもしれません(笑

そういったわけもあって僕がこれまで見てきた自衛官の中でも特にモテる自衛官というのは、上記の3つのイメージを崩すことなく、時には笑いを引き起こせる方が多かったです。

なので基本的には男らしさや時間厳守、優しさを前面に出していくといいと思います。

 

初対面の女性の反応

初めて会う女性が自分が自衛官であることを知ったときの反応としては、

  1. びっくりする (7~8割)
  2. へえ~そうなんだと聞き流す (2割弱)

のどちらかになります。

かなり極端な反応にはなっていますが、ガチです(笑

1つ目のビックリして驚くというのは、そもそも自衛官と会ったことがなかったりだとか、元々興味をもっていたときに見られる反応です。けっこう質問してくれるので話は続きやすいです。

質問される内容としては、

  1. 入隊の理由
  2. 普段の生活
  3. 訓練内容
  4. 演習

といったように、もろに自衛隊に関する質問をされます(笑

そして一つ一つ質問に答えるたびにすごいね~と感心・尊敬されます。

2つ目に関しては、単に自分に興味がないのか、そもそも自衛隊には興味がないってところが考えられます。

こういった場合には、自衛隊の話はしないほうがベストです。

 

自衛官ってぶっちゃけモテるの?

さて、ここまで世間の女性が自衛官に対してどのようなイメージを抱いているのか、初対面の女性の反応なんかを話してきましたが、正直なところモテるのか?ってところになるんですが、

僕の見聞きした経験によると、

モテる場合には、

  • 自衛隊に興味・関心がある
  • 自衛官が好き

ってところが大前提になります。

その理由としては、そもそも自衛官に対するイメージがよくないと効果がないからです。

その上で趣味性格といった部分が合っているとモテます。

自衛官は給与面でも安定しているので強いです。

実際に僕の同期なんかも若くして普通に結婚しています。

というわけで、自衛官でモテるためには、自衛隊に対して良いイメージを持っている人に出会う必要があります。

まとめてみると、

  1. 自衛官に対して肯定的なイメージをもっている
  2. 趣味・性格・価値観が似ている

といった部分が重要になってきます。

そしてその上で、

自分に関心を持ってくれる人を探す

必要が出てきます。

彼女が欲しいならマッチングアプリがおすすめ

こういった観点から自分に合う恋人を探すとなると、マッチングアプリがオススメです。

その理由としては、実際に結婚した人たちのうち、マッチングアプリを利用したことがある人たちの割合は年々増加しているからです。

また、マッチングアプリを通じで実際に出会った人と恋人以上の関係になる割合も高いです。

こうした背景もあって近年では、

  • マッチングアプリで結婚する確率は7.7パーセント
  • これは100人中7人が結婚に成功している割合です。

となっています。

7%と言うと、「 意外と少ない」と思うかもしれませんが、街コンで結婚するのが3%・合コンが4%・結婚相談所が10%と言われているので、マッチングアプリの結婚の割合はそこまで悪くありません。

マッチングアプリが人気な理由としては、

  1. マッチングアプリは8割以上の人が使用したことがある
  2. 自分の周囲以外の人と出会えるチャンスがある
  3. 性格・趣味が一致した人と出会える

といったところになります。

また、結婚した人が何歳までに出会っているのかを調査した結果、

  • 恋愛結婚での平均出会い年齢は、男性で24歳~25歳、女性で22歳か~24歳
  • 男性で結婚した人の大半は25.5歳までに相手を見つけている
  • 女性で結婚した人の半数の人は24.3歳までに相手を見つけている

ことからも将来的に結婚したいのであれば今のうちから相手を探すのが最善の策になります。

 

おすすめのマッチングアプリ

僕がオススメするマッチングアプリは1つだけです。

それは、あのメンタリストDaiGoさんが監修する『with』です。

withの何がすごいのかというと、簡単な質問に答えるだけで、性格や趣味に合わせた相手を自動的に選んでくれる機能です。

注目するべき点としては、

  1. 主に真面目にパートナー探しをしている20-30代の男女が中心に利用
  2. 性格診断で自分の価値観と100%一致する異性を見つけられる
  3. 共通点検索もできることで、他ではめぐり会えないような理想の相手を見つけることが出来る

といった点です。

この『with』のすばらしい点としては、初対面の相手でも共通点を見つけることができるので、メールが苦手でもうまくやり取りをすることができることです。

地域、職業、学歴、年齢、年収、身長などの様々な絞り込み機能も充実してます。

登録は無料です。



デメリットとしては、facebookのアカウントが必要になるところですが、アカウントはすぐに作成して友達を増やせばいいだけですのでそこまで手間はかからないです。

ちなみにfacebookの友達には表示すらされなくなっているので安心して使えます。

恋愛について知りたいって方はこちらをどうぞ。

恋愛の科学 出会いと別れをめぐる心理学 レビュー

her

普通に自衛官はモテるのでマッチングアプリを使えば鬼に金棒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。