自衛隊に入隊するなら準備しておきたいクレジットカード

今回は、一般曹候補生にしろ自衛官候補生にしろ、入隊する前に作っておきたいオススメのクレジットカードを紹介します。

そもそも自衛隊に入るのにクレジットカードなんて必要なの?って思う方もいらっしゃると思いますが、そう思った方こそ読んでいただきたい記事です。



一応、僕の経験を踏まえながらお話をしていきます。

そもそもクレジットカードって必要なの?

 

この答えに関して言うならば、僕はYESと断言できます。

というか、自衛隊に入るならばクレジットカードがないと、生活がかなり不便になります。(僕もかなり苦労しました)

特にこのサイトでは、自衛隊に入るなら北部をオススメしていますが、場所は北海道です。

主に本州から受けられる方は入隊後のGW、お盆休みなんかは帰省することが多いです。

特に前期教育隊のときなんかは、強制的に実家に帰らされます。

確かにクレジットカードがなくても、教育隊の班長たちの助けもあって、航空券の予約をすることはできますが、基本的に金額は高いです……

その理由としては、

  1. 格安航空会社じゃない
  2. 早割りが効かない
  3. 一般的に大型連休のときは航空料金が高い

ことが挙げられます。

まず航空会社についてですが、ANAやJALしかないです。格安航空会社はありません。

そして早割についてですが、基本的には各航空会社の担当者(もしくは代理店)を通してのやり取りとなっていますので、通常価格以上になります。

そしてGWやお盆、正月といった時期は帰省が重なるため旅費は非常に高くなります。

実際に、僕が前期教育隊に入ってGWに帰省するときなんかは、かなりの金額が飛びました。

航空費用だけで約8万くらいです。そしてその時期は入隊したばかりで給与、手取りも少ないので、

かなりのダメージを喰らいました。他にも空港へのアクセス料金、JR・地下鉄費用といった、細かな費用が重なります。

実際に僕の同期の中には賢くクレジットカードでフライトの予約をして費用を抑えた者と、僕のようにどうしようもなくて高いチケットを掴まされたグループにわかれました。

もちろん入隊してからしばらくはクレジットカードを作るような暇なんてありません。

そしてこうしたお話をしていると、よくネットで予約して休みの日に支払いにいけばいいというお話もありますが、これは現実的にかなり厳しいです。(その当時の僕もそう考えていました)

まず教育隊であれば、

  1. 休日に外出できないリスク
  2. 平日は外出不可
  3. 教育隊中にクレジットカード作成は難しい

などがあります。

当然、予約をしたにしても支払期限がありますし、貴重な休みの日にわざわざ航空費用を払わなければなりません。ましてや同期と遊んだりもしたいでしょうから、時間がもったいないです。

なのでこの辺は真剣に考えておいたほうがいいです。

そして部隊に配属後ですが、

  1. 休暇中の警衛や当直
  2. ぎりぎりになって休みの予定を決める部隊
  3. そもそもATMやコンビニがない駐屯地

といったさまざまな事情が重なってきます。

わりと都会で勤務をするならまだしも、田舎で仕事となると、

ATMすらほとんど使うことができなくなってしまいます。

実際にコンビにやATMのない駐屯地はざらにあります。

そしてそれと同時に、店舗で航空券を買うのも難しくなってきます。

普段インターネットで買い物をするにしても、基本的に駐屯地では代引き不可なので

コンビニ振込みか銀行振り込み・クレジットカード決済しかありません。

なので、こういった最悪の状況を考えておくことが必要になってきます。

実際にこういった状況もあって、入隊してからしばらく落ち着くまでは、

休暇が来るたびに高い航空券を買わざるを得ない状況になってしまいます。

こうした理由もあって、自衛隊に入るなら、クレジットカードは必ず持っておくべきです。

とりあえず持っておきたいクレジットカード3選

 

それでは、どんなクレジットカードがオススメなの?ってお話になってくるとは思いますが、

基本的に初めてクレジットカードを作る方(学生も含めて)は、カードを発行する上で必要な信用がまだないので、比較的に作りやすくて使いやすいカードをオススメします。

1つ目がこちらの楽天カードです。

 

楽天カード新規入会キャンペーン

楽天カードは従来までJCB/VISA/MASTERといったブランドしかありませんでしたが、

2018年9月25日からアメックスも追加されました。もちろん年会費も無料です。

今なら登録するだけで2000ポイントもらえ、利用すると3000ポイントの計5000円分もらえます。

入隊するにあたって必要な物品等もあるのでこちらのポイントで済ませるのもありです。

ちなみに楽天カードは、「年会費が安い」(無料)、「ポイントが貯まる」と答えた人たちが6割を超えているだけではなく、日本で発行されているクレジットカードの中で一番所持率が高い、つまり持っている人が多いカードです。その数値はなんと51%もあるそうです。2人に1人ですね。もちろん僕も持っています。

普段から欲しいものがある人もこのポイントで入手しておきましょう。

2つ目に紹介したいのがANAのクレジットカードです。

ANA(全日空)は日本全国どこでも飛んでいるので自衛官にとって心強い味方になってくれます。

特に北海道から遠方の実家に帰るときには往復で恐ろしいほどのマイルが貯まりました。

ちなみに僕の同期の中にはANAのクレジットカードを使って賢くマイルを貯めている人もいました。

長く自衛官として勤めたいなら必需品です。学生カードもあります。

(ANA JCBカードお申込み)

ちなみに数多いANAの中でオススメするならソラチカカードをオススメします。

その理由としては、

  1. PASMO機能搭載
  2. メトロポイントがたまる
  3. オートチャージサービス機能

といったように東京メトロと相性がいいからです。またANAでは現在キャンペーンをやっていて、

最大56,500マイル(ハワイ往復)相当プレゼントされます。

正直、僕が申し込んだ当時より恵まれているのでかなり羨ましいです。

賢い使い方としては、とりあえず申し込んで入会マイルをもらい、帰省する際にも使ってマイルを貯めましょう。

距離にもよりますが、キャンペーン適用の場合は1往復もしくは片道分は無料なります。

航空系クレジットカードも1枚は欲しいところなのでこの際に作成しておくのもアリです。

(ANA JCBカードお申込み)

3つ目にオススメできるのは、航空系でおなじみのJALカードです。

こちらもANAと同様に航空系のクレジットカードになります。

入会して1年は年会費無料です。入会して搭乗するだけで8550マイルもらえるのでかなり得ができます。

ANAと併用して使うことをオススメします。

こちらも賢い使い方としては入会マイルをもらってから帰省の際にカードを使い、キャンペーンのマイルをもらいましょう。それから片道、もしくは往復分でマイルを使えば、その分は無料になります。余計な費用は削りましょう。もちろん学生カードもありです。

(JALカード 申し込み)

正直、入会キャンペーンでマイルをもらえるだけもらってから退会するのもありです。

結局どれにするのか問題

 

クレジットカードを使っていく上で、航空系のANAやJALカードもマイルが貯まったりする点ではメリットが大きいのですが、

やはり利用する頻度や普段使いを考慮すると、楽天カードがオススメです。

3枚のうちどれかといわれれば、楽天カードが便利です。

ただ余裕があるのであれば航空系カードもさくっと作成しておいたほうがいいです。

 

自衛隊に入隊したら作っておきたいクレジットカード

 

実は、自衛隊、正確には国家公務員になった段階で作れるようになるカードもあります。

それは、こちらのKKRカードです。

この「KKRカード」とは、

  • 国家公務員の現職の方からそのOBの方までの共通会員証で、KKR会員証とクレジットカードがひとつになったカードです。通常のクレジットカードとしてのサービスの他、KKRメンバーズ限定のお得な特典もあります。クレジットカードの入会金・年会費は無料です。

要するに国家公務員になれば作れるカードです。

この共済会員とは、

  • (現職) 連合会に所属する各単位共済組合(衆議院、参議院、内閣、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、防衛省、裁判所、会計検査院、刑務、厚生労働省第二、林野庁、日本郵政、連合会職員)の組合員の方を指します。

待遇としては、国内/海外旅行傷害サービスが最高5000万円で、各種空港のラウンジも無料で使えます。

そして限度額は100万あります。もちろんゴールドカードです。

自衛隊に入ったらできるだけ早く作りましょう。

僕の場合は部隊配属になった段階ですぐに作成しました。

申し込みはインターネットからできます。

そして申し込みに必要なのは、自衛官診療所に記載されている組合(保険者)番号が必要になります。

入会の際には、部隊に在籍確認とかはなかったです。

年会費無料のゴールドカードが作れるのはそうそうないので、オススメです。

以上のことからわかるように自衛隊に入ってからしばらくの間はクレジットカードを作るのは難しいです。

なので入隊前に作っておくことがオススメです。

楽天カード新規入会キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です