自衛隊 一般曹候補生 国語 最短で合格する方法

おつかれさまです。

以前、自衛隊 一般曹候補生に最短で合格する方法を紹介しましたが、

科目ごとに対策を教えていきたいので、

今回は国語の対策を伝えます。



少ない費用で効果的な対策をしていきます。

まずポイントとして国語の最低合格点なのですが、平均して6割は取れるようにしておきましょう。

数学や英語でカバーできるのであれば最低5割後半でも大丈夫です。

もし数学や英語が苦手なのであれば、7割から8割は欲しいところです。

自分の得意不得意分野によってどの程度国語が必要になるのかを考えておいてください。

イメージとしてそれぞれの最低合格点は

陸と海は6割前後~

空は6割~7割

は取れるようにしておきましょう。

自衛隊 一般曹候補生の国語の出題範囲とは?

  1. 漢字
  2. 読解
  3. 古文
  4. 古典文学の作者と作品名

おおまかに4つにわかれます。

まず一つ目の漢字についてですが、

漢字の読み、カタカナを漢字にするといった問題です。選択式になっています。

四字熟語も出題されます。

いわゆる語彙力が問われます。

ポイントとしては迷彩本に付属されている冊子の漢字で練習をしておきましょう。

ここには過去問等からよく出題された問題が載っているので、ここは完璧にしておいてください。

次に二つ目の読解です。

これは比較的に短い文章の趣旨を掴む問題です。

筆者の論点をまとめた場合、正しいのはどれか? みたいなやつです。

ここはひとつ踏み込んで解き方を伝授します。

  1. まず選択肢を読んでテーマを掴む
  2. 本文に入って筆者の主張を掴む
  3. 選択肢を順番にチェックしていく

この流れになります。

より詳しく見ていくと、

1の段階で事前に選択肢を見ておくことで大まかなテーマと何について問われているのかがわかります。

たとえば、それぞれの選択肢に地球、汚染、海、が含まれていると、おおよそ環境についての話なんだな、というのがつかめます。ここでは環境がテーマであり、環境について筆者が述べているということです。

そしてそれぞれの選択肢で問われている問いを見てみると、本文を読み始める前にどこに注目すればいいのかがわかります。

そうすることで本文のおおまかなテーマと何について問われているのかを把握した状態で本文に入ることができます。

それからよく選択肢が文章中のどこに書かれているのか見つけられない、というような方もいらっしゃいますが、その場合には起承転結をイメージすれば大丈夫です。

わかりやすく述べると、

起⇒問題提起 ・地球の環境が問題になっている。特に海面上昇が~。

承⇒起の内容 ・海面上昇になる原因として~が考えられる。

転⇒逆転   ・しかしそういった見解は近年では~。

結⇒結果   ・起、承、転をまとめ、別の言葉で言い換える。 海面上昇の原因には~が一般的だと考えられていたが、~の研究によると~も考えられる。

こういった流れのイメージをもつといいでしょう。

そして例えば選択肢に・海面上昇の原因として地球温暖化による氷河の~という文章があったとします。

この場合、これは流れで言えば問題提起でもなく、結末でもありません。そして転にもなりません。

どちらかというと承になります。つまり起承転結の中でどの部分に該当するのが適切なのかを頭に入れておけばある程度推測がつきます。基本的に根拠を示すところは承に入る場合が多いです。

次に古文です。

これは時間が余ったときに対策してください。例年1問しか出題されないのでコスパが悪いです。

国語の授業で使った教材を見直すだけで大丈夫です。

それから文学についての問題。

こちらも余裕があればで大丈夫です。

さほど気にする問題ではないので、まずは漢字と読解で安定した得点を稼げるようにしておいてください。

このように一般曹候補生の試験に最短で合格するためには、捨てなければならない問題があります。

ですがそれは反面、必ず得点しなければならないものもあります。

基本的には出題数が多いところに力をいれてましょう。

最後に国語の対策として、

  1. 一般曹候補生の過去問で国語を1年分のみ無勉で解く。
  2. 苦手なところを勉強する。
  3. 過去問を解きはじめる

この3つで大丈夫です。

それでは、GOOD LUCK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です