自衛隊に入るならポケットWi-Fiを持っておきたい3つの理由

今回は自衛官にオススメするポケットWi-Fiを紹介していきます。

これから入隊される方は参考にしてみてください。



そもそもポケットWi-Fiは必要なのか問題

 

まず前提として、自衛隊の寮(生活隊舎、勤務隊舎)にWi-Fiはありません。

もちろん仕事上、インターネットは必要なのでPCで使う機械がありますが、私用で使うことはできません。

なので、プライベートでインターネットを使うにはネットワーク環境が必要になってきます。

もちろんお使いのスマホでネットに接続することはできますが、ゲームやSNSを頻繁にやるのであれば、正直容量が足りないです。

また、自衛隊で勤務をしていると、当直だったり残留だったりすることもあってけっこう外出できないことが多いです。(特に入隊して数年は)

なので一日中当直室や官舎で過ごすことが多くなります。

そういった時間をうまく使っていく上でも通信環境は整っていたほうが便利です。

そして自衛隊では営外者以外は相部屋になりますので、固定のインターネット回線を整えるのはほぼ不可能に近いです。

そのため、持ち運び便利なポケットWi-Fiであれば、自室だけではなく、演習中なんかでも使うことができるので自衛官にとってはありがたい存在になっています。

普段からスマホを使ったり、動画やゲームをする人たちは絶対あったほうが便利です。

簡単に話をまとめると、

  • 自衛隊の隊舎にはWi-Fiがない
  • 当直や残留のときに使う
  • 固定のインターネット回線は引けない

ってところになります。

 

キャリアはどこがいいのか

 

これは僕が実際に検証してみたものです。

演習中にさまざまな自衛官にどこのキャリアを使っているのか聞いてみたところ、

山奥にも関わらず電波が届いていたのはauやドコモでした。

電波の範囲的には au≧docomo>softbankです。

格安simの場合はau回線を使っているやつのほうがおすすめです。

なのでポケットWi-Fiを契約する際にはau回線、もしくはドコモ回線のものにしてください。

友人の失敗談

 

僕の友人には自衛官として北海道のかなり田舎のほうで勤務をしている方がいらっしゃます。

彼もその当時ポケットWi-Fiが欲しかったみたいなのですが、

キャリアごとに電波の範囲が異なることをほとんど知らなかったため、

そのままよくわからないお店で契約をしてしまいました。

その結果、駐屯地に帰ってみると、アンテナが一本も建っていないという悲惨な結果に終わってしまいました。

なのでポケットWi-Fiを契約する際には、本当にその場所でよく使うのか確認をしておきましょう。

 

オススメのポケットWi-Fi

 

それではオススメのポケットWi-Fiを紹介します。

1つ目がCMとかでおなじみのUQ WiMAXモバイルWi-Fiルータです。

メリットとしては、

  • auの回線が使える
  • 最大2ヶ月間通常月額料金0円
  • au 4G LTEオプションが無料

ってところです。

ちなみにLTEオプションは、

WiMAX 2+のエリア圏外でも、自動的にau 4G LTE網につながるので、幅広いエリアでインターネットを使える

システムとなっているので、比較的田舎にある自衛官にとっては心強い味方になります。

月額料金も2、590円~となりますので、普通にオススメです。

オプションによっては高めなところもありますが、正直なところ、田舎にいって圏外にならないことが一番重要ですのでリスクを回避するという意味合いではアリです。


その他にも自衛隊の教育隊で必要な物が知りたいって方は、

を参照にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です