自衛隊 一般曹候補生 初年度の給与

もう何年も前になりますが、今回は僕が一般曹候補生として入隊してからどの程度給与をもらっていたのかざっくりと紹介していきます。

実のところ僕も入隊するまでは大まかな目安としての給与は算出できたのですが、細かな手当て等、不透明なところが多々ありました。これから入隊したい方の参考になれば幸いです。


自衛隊の給与はどう決まるのか

 

基本的に自衛隊の給与は階級と号棒で決まります。
階級とはそのままの意味で士とか、准尉とか左官といった感じです。
号棒は勤続年数に応じて増えていく昇給みたいなものです。当然入隊当初は1からになります。

基本的にはこの2つで決まります。

賞与(ボーナス)についてですが、だいたい(夏・冬合わせて)4~4.2ヶ月ぐらいはもらえました。
ただし初年度は4月からの着隊になりますので、夏のボーナスは満額もらえません。冬はもらえます。

入隊当初の給与

(入隊してから前期教育隊を終えるまで ※一般曹の場合)
入隊当初の給与は大卒か高卒かによって異なります。
これは前期の教育隊を卒業するためには自衛官としてまだ階級が与えられていないからです。
前期教育隊を終えてはじめて2士の階級が与えられます。
だいたい高卒で16万~ 大卒で17万~ もらえます。
そしてそこから厚生年金、退職等年金、所得税、防衛共済(保険)等合わせて2~3万程度引かれます。
また、地域によっては地域手当があります。北部の場合は5千円ちょっとはもらえていました。
だいたい手取りで計算すると13万後半~15万ちょっとに落ち着くと思います。
それから教育隊のあいだに6月のボーナスをはさみますが、これはだいたい0.5ヶ月分はもらえます。
手取りでだいたい6~8万くらいです。

(後期教育隊に入ってから 二士のとき)


一般曹の場合、前期教育隊を終えた段階で2士の階級が与えられます。
ここで前述したように、給与に階級と号棒が適用されるようになります。
これ以降、高卒と大卒で給与に違いで出ることはなくなります。
高卒も大卒も同じ給料をもらっていくわけです。
だいたい7月の給料で階級と号棒合わせて17万後半もらっていけることになります。
そして基本的に後期教育隊を終えて部隊配属になる10月1日までは月々この給料でやっていきます。

(部隊配属後 一士になってから)

一士になると、給与は階級と号棒を合わせて18万ちょっとです。
12月のボーナスには満額もらえるようになります。
ちなみに僕の頃には冬のボーナスで総支給40万を超えていました。
そこからいろいろ引かれても手取りは34万くらいはありました。
なので教育隊を終えてから士長になるまでは自動的に給与が上がっていくことになります。

もっと詳しく知りたいって方はこちらを参考にしてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です