自衛官の9割以上がG-SHOCKを愛用している理由

みなさんは普段から腕時計を身につけていますか?

最近はスマホがある理由で腕時計を身につけない人たちもいるみたいですが、

ここ自衛隊で働く自衛官の人たちは四六時中腕時計を身につけておかなければなりません。

それは有事の際に備えて24時間勤務となっているからです。

なので自衛官の人たちは常日頃から時間に厳しい生活を送っています。

1分、1秒でも遅れてしまえば、それは仲間、強いては部隊の死を意味することになるからです。

では、そんな自衛官の人たちはどのように時間を管理しているのでしょうか。

ここからは僕の経験を基にお話していきます。

 

自衛官の大多数はG-SHOCKを身につけている

 

 

お話は僕が入隊する前にさかのぼります。

僕は自衛隊に入る前に広報官から「タフな時計を用意しておけ」といわれました。

そして「オススメはG-SHOCK。高いのはやめておけ。最初の頃は教育隊もあってすぐボロボロになるから」と。

それからこう言われました。

「できればソーラーで電波式、そしてデジタルの方がいい」と。

その理由は時間調整の手間隙がはぶけるからだそうです。

それから自衛隊では秒刻みで行動するため、デジタルのほうが見やすくていいといわれました。

このセリフはつい昨日のことであるかのように覚えています。

その後、広報官は腕につけてるG-SHOCKを僕に見せてくれました。

そのときの広報官の時計がどんなものであるのかは覚えていませんが、確か黒くていかにもタフそうな時計であったのは覚えています。

そんなこともあって僕は生まれてはじめてGーSHOCKを買うことになりました。

正直、何を買っていいのかよくわからなかったので、とりあえずamazonで検索して出てきたのを購入したのは覚えています。

その当時、僕が購入したのはCASIO G-SHOCK タフソーラー 電波時計 GW-8900A-1JF でした。

値段もお手頃だったので、まあこれでいいだろうと思ったわけです。

(このときばかりは、この腕時計を現在進行形でつけることになるとは夢にも思いませんでした)

 

それで実際にG-SHOCKを使ってみた感想だったのですが、

すごい、の一言につきました。(もっとまともなセリフがあるだろう、と思った方もいると思いますが、とにかく一言目にはすごい、だったわけです)

何がすごいのかというと、

  • 電波なので時間が狂わない (演習中の山奥、雪山でも大丈夫!)
  • 壊れない! (タフすぎてやばいです。普通にドアやモノにぶつかっても何ともありません)
  • 恐ろしいほどの防水性 (温泉、サウナにつけっぱで入りますが余裕でした)(今のところ錆もなし)
  • 暗いところでもブルーライトで光る! しかも60度だか90度傾ければオートで光ります!(演習中にはブルーのライトしか使ってはいけないのと、光をあまりもらしてはいけなかったので、時間を知りたいときには重宝しました)
  • デザインがかっこいい! いかにもタフって感じがします
  • ワールドタイムがある
  • ストップウォッチの機能が使いやすい

そんなわけで自衛隊に入ってから僕はG-SHOCKの魅力にどんどん惹かれていきました。

ぶっちゃけると、当初はある程度時間が経ったらオメガのスピードマスターあたりでも買おうかな、と思いましたが、だんだんその気持ちも薄れてきました。(その当時は本気で欲しかったです)

その理由としては、使っているうちにだんだんとG-SHOCKが好きになってきたからです。

そしてその理由の中には周りの自衛官もG-SHOCKを使っているからというのがありました。

たかだが時計といえども不思議と仲間意識が芽生えてくるものなんですね。

されど時計でした。

それで僕自身もあるときから、他の自衛官が身につけている腕時計に興味を持つようになりました。

かれこれ数百人の自衛官とお話をしてきた僕ですが、ざっと結果をまとめるとこうなります。

  • 自衛官の内、9割5分以上はG-SHOCK
  • その内、7割近くがデジタルで残りがアナログ
  • 時計をつけていない人はいない
  • カラーはほぼ黒色
  • 9割5分以上が時計を左腕につけている
  • 意外とソーラーでない場合が多い(体感としてソーラーは全体の2割弱)
  • チープカシオや1,2万円台のが多数

という結果になりました。

では、それぞれ解説していくます。

  • 9割以上がG-SHOCKなのは、厳しい環境で訓練をしなければならないので、必然的にタフな時計が求められるからです。実際に新隊員のほとんどがG-SHOCKでした。おそらく社会的な組織を含めた中でも自衛隊のG-SHOCK率はかなり高いと思います。
  • デジタルかアナログかについては特に指定等はなかったので、好みの問題になります。おそらく前の時計がアナログかデジタルかによって左右されるものだと思われます。ちなみに僕は普通のアナログ時計からG-SHOCKのデジタルに変えました。
  • これはガチです。腕時計をつけていないと厳しく怒られます。そもそも仕事になりません。というか、そんな自衛官を僕は見たことがありません。日々の業務や作戦の時刻は秒単位で刻まれているので腹時計では太刀打ちできません。スマホを時計代わりに使うことは禁止されてます。
  • カラーはほぼ黒に限定されています。迷彩カラーはOKでグレーはグレーゾーンです。赤や青、白といった目立つ色はNGです。赤い腕時計なんてつけていたら指導されます…というのは、自衛官は迷彩服を着ての仕事となり、敵に見つかりにくいように偽装したりドウラン(顔を迷彩カラーにする)を塗ったりしなければならないので目立つ色はNGです。普段使いであればOKです
  • 左手に時計をつけているのは一般社会と変わりはありません。
  • ソーラーでない理由はわかりません。おそらくコンマ以下までは作戦でも細かく言われない(コンマ以下で動くのは無理)からだと思われます。つまり秒まで合っていれば大丈夫ということです。
  • これはけっこう意外でした。おそらくこの辺は時計に関心があるのかないのかによって分かれてくるのだと思います。とりあえずG-SHOCKでいいや、という人もいれば、電波ソーラーでなきゃダメ(僕も含めて)、自衛隊モデル(陸・海・空)がいい(見たことはありませんが)といったように、好みよって変わるみたいです。

自衛官が使ってるG-SHOCKのモデルは?

 

 

それでは最後に自衛官がよく使っているモデルを紹介します。

まず1つ目がこちらの5600シリーズ。G-SHOCKの中でも伝統的なスクエアデザインをしていて、自衛官の中でも人気があります。

 

続いてがこちら

G-SHOCKとは異なりますがCASIO STANDARD(カシオ スタンダード)です。

新隊員の中にはけっこうつけてる人がいます。

 

 

そして最後にこういう感じのアナログです。

一言でまとめてみると、パッと見ただけで「G-SHOCK」だな、とわかるものをつけている人たちが大多数です。

僕個人のオススメとしては、一度お店にいって色々見てみてから購入してください!

けっこうそれぞれサイズや重さ、機能がちがいます。

ネットだとどれもたいして変わりがないように思えますが(種類が多いので)、店頭だと店員さんからお話が聞けますし、交渉もできるのでオススメです。

これから入隊されるかたはとりあえずG-SHOCKでカラーはブラックにしておきましょう。

エピローグ(僕が24時間腕時計をつけている理由)

 

 

いつもならこの辺で記事を終えるのですが、今回はエピローグまがいのものを書いてみます。

まず、基本的に僕はG-SHOCKを24時間つけています。

は? と思った方もいらっしゃると思いますがガチです。

仕事のときも飯を食うときも、風呂に入るときも、寝るときも時計をつけっぱなしです。

これは僕が自衛官になって身についた習慣でした。

そもそものはじまりは教育隊の頃にさかのぼります。

教育期間中、とくに前期教育ではここまでか、というくらいに時間に追われます。

ほっとため息をつくことができないくらい忙しいです。

入隊するまでに身につけていた瞑想、ティータイム、読書の時間といったあらゆる習慣がぶち壊れました。

風呂の時間も10分、ときには5分くらいしかなくて、それこそ文字通りに時計を外したりしている時間はありません。

そのため、新隊員の中には、防水性のない時計をもってきてしまったばかりに悲惨な目にある人もいます。

つまり、自衛官にとって腕時計に防水性は必要不可欠なものなのです。

雨の日も、風の日も、雪の日も腕時計を使わなければなりません。

必然的にタフな時計が求められます。

そんなわけで、前期の教育隊の頃から腕時計を外すことがなくなってしまいました。

そして恐ろしいことにその習慣は今でも続いています。

24時間も腕時計をつけっぱなしでいると、疲れないの? と疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、

ここは慣れの問題です。 僕もはじめは嫌でした。

休みの日くらいは時計を外して時間に縛られたくないと思ったりもしました。

でも24時間時計をつけっぱでいるのはけっこう便利なものです。

知りたいときにいつでも時間を知ることができます。

タフで電波ソーラーなG-SHOCKなので、電池の心配もしなくていいし、そのまま風呂に入れるし、暗いところでも時刻を確認できます。そして何より壊れません。時間のズレもない。

もちろん長年にわたって使っているので、ボタンのGの白い部分が色落ちしたり、液晶部分に傷が入ったりしていますが、24時間365日も使っているのだから、まあそういうものだろうと思ったりもするわけです。

値段も1万ちょいだし、数年使って壊れるなら十分です。

というか、いい加減空気を読んで壊れてくれないかな? と思ったりもします笑

でもいっこうに壊れる気配がありません。

そんなわけではじめて買ったG-SHOCKは僕にとって身体の一部になってしまいました。

これ以外には時計も持っていません。

これ以上の機能は必要ないからです。

自衛隊に入隊するというきっかけを通して僕はG-SHOCKに出逢いました。

今でも友達の自衛官とお話をするときに時計の話もしたりします。

もちろん話題はG-SHOCKです。

退官したあとも自衛官だった頃の習慣が(今回は時計として)残っているのは不思議な感じがします。

みなさんも自分にとってベストな時計に出逢ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です