自衛隊 自衛官候補生の試験内容

前回の一般曹候補生に最短で合格する方法に続き、

今回は自衛官候補生の合格方法を伝授します。



そもそも自衛官候補生って?

 

多くの方は自衛官候補生と聞いてイメージするのは、

自衛官になる候補生という認識だと思います。

大学で言う予備校生みたいなものですね。

でも実際は自衛官候補生も立派な自衛官です。

昇級するスピードを除けば、ほとんど一般曹候補生とちがいはありません。

部隊配属後の仕事においても一般曹候補生と同じです。

そもそも自衛官候補生は着隊当初、階級がありません。

では、いつ階級がもらえるのかというと、

自衛官候補生は前期教育隊(3ヶ月)を終えた後に2士となって初めて自衛官となります。

つまり、階級が与えられるまでの期間を自衛官候補生として過ごすわけです。

それに対して一般曹候補生は前期教育修了と同時に2士の階級が与えられます。

正直、入隊してからしばらくの間は一般曹よりも給与がわずかに低いですが、

自衛官候補生には高待遇な処遇任期満了金があります。

処遇としては、

自衛官候補生手当(月額)¥133,500(← 入隊から3ヶ月間)  、

月額¥169,900円(←2士になってから)

自衛官任用一時金 ¥176,000(← 2士に任官する際に支給)

宿舎費は無料で、食事(月額約27,000円相当)、制服・作業服・ワイシャツ・靴
その他の被服類、寝具等も支給又は貸与されます。
※自衛官候補生手当、俸給については、法律の改正により改正される場合があります。

また、これだけではなく昇給・賞与(ボーナス)もあります。

昇   給 : 年1回※2士任官後
賞   与 : 年2回(6月、12月)※2士任官後

そして気になる任期満了金は、

◆特別退職手当

 

陸で1任期(入隊後2年間)を満了すると:54万円

2任期(入隊後4年間)を満了すると138万円
海・空で1任期(入隊後3年間)を満了すると:90万円

2任期(入隊後5年間)を満了すると143万円がそれぞれ支給されます。

 

<陸上自衛官の場合>
●2任期(入隊後4年間)勤務した場合
4年間の給与、賞与等の総額…約1,155万円 
特例退職等手当…約192万円
合計… 約1,347万円
給与、賞与等の総額には、自衛官候補生手当及び任用一時金を含みます。
といったように一般曹候補生にはない、自衛官候補生ならではの待遇・手当てが充実しています。
 

だいたい長くても6年くらいは自衛官として勤務できます。

とりあえず自衛隊には興味があるけど、続けるかどうかはわからない、って人にはおすすめです。

そして毎度のことながらここだけのお話ですが、この任期満了金には落とし穴があります。

それは任期を満了する前に退官(退職)してしまうと、当然のことながら満了金はもらえません。

具体的には、

自衛官任用後、1年3ヶ月未満で退職した場合、償還金を償還しなければなりません

となっています。

ここは注意しておくポイントです。

知らないで入隊してしまうとけっこう恐ろしいです。

自衛官候補生のメリット、デメリットについては、

<メリット>

  • 自衛官候補生手当がある
  • 2士になると一般曹候補生と同じ月給になる
  • 昇給・賞与がある
  • 任期満了金がある
  • 退官時に就職支援がある

<デメリット>

  • 2士になるまでは月額がやや安い
  • 1年3ヶ月未満では退職するべきではない
  • 曹になるための試験には回数制限がある。

といった感じになります。

デメリットに関して特筆するべき点としては、3つ目の項目です。

基本的に自衛官候補生から曹になるためには、一般曹候補生と同じ試験を受けなければなりません。

曹になるための試験には、自衛官候補生の場合回数制限があります。

確か4~6回くらいの間だったと思います。。

ですが、自衛官候補生として勤務しながら一般曹候補生の試験を受けることもできますので、

本気で曹になりたいのであれば、自衛官候補生として入った翌年から一般曹候補生の試験を受けて

バッジ付きになるのもアリです。

 

自衛官候補生になるには?

 

自衛官候補生になるには試験があります。

まずは受験資格

18歳以上33歳未満

これだけです。

自衛官候補生の入隊時期には、4月と7月、それから季節入隊があります。

だいたい年間を通して3回くらいです。

ですが、この入隊時期によって、自衛官候補生の年齢にはばらつきがあります。

  • 4月入隊は高卒が多い
  • 7月と季節入隊は20歳以上が多数

これは本当です。

4月は高校を卒業する人たちがそのまま入ってくることが多いので当然18~19歳が多数を占めます。

それ以外は社会人をやってたり、フリーターをやってたり、ニートをやっていたりといろいろな経歴をもっている人たちがいます。

個人的には4月入隊をオススメします。

その理由としては、一般陸曹候補生と入隊時期が重なると同時に、いっしょに後期教育を受けることができるからです。

これはけっこう大きいです。

なぜなら同期が多いからです。

僕のいたところでは、後期教育は30人ほどいたのですが、

後から入ってきた季節入隊の候補生の人たちは後期教育を10人前後で終えたというのがざらでした。

自衛官をしていく上では、演習や訓練を通して他の駐屯地の人と会う機会が当然多いので、知り合い(同期)がいるとけっこう心強いです。

僕も演習を通して前期、後期の同期や班長たちに遭遇したことが何度もありました。

そして気になる試験内容ですが、

筆記試験、口述試験、適性検査及び身体検査

です。

筆記試験は国語と数学と社会だけです。

どれも中学生レベルの問題なので高卒以上であれば無勉でいけます。

試験一週間前にぱらぱら過去問を見るだけで大丈夫です。

ですが社会に関しては地理の問題が出たりするので、そこは運ゲーにしておきましょう。

だいたい全体で5割もあれば1次は通ります。

続いて適正検査

サイコパスやソシオパスといった精神異常者と疑われるような回答は控えましょう。

以上です。

作文もありますが、これはとりあえず8割ほど用紙をうめておけば大丈夫です。

数年分の出題内容だけざっと見ておきましょう。

続いて身体検査

一般曹候補生の場合は1次に合格しなければ身体検査は受けることができませんが、

自衛官候補生の場合、筆記試験を受けたら身体検査および面接を受けなければなりません。

まず身体検査についてですが、検査される項目は一般曹候補生と同じです。

身長体重、視力や聴力といった基本的なところから血圧や色覚、虫歯チェックまであります。

体調だけは万全にして望みましょう。

最後に面接

大きな声ではきはきと対応しましょう。

面接官につま先を向けて話してください。

志望理由ややってみたいことといったありきたりなことしか聞かれないので大丈夫です。

面接については、こちらの記事を読んでください。

合格したらおめでとうございます。

一応、自衛官候補生を受験した僕が使った過去問を紹介しておきます。

これだけやっておけば大丈夫です。

迷彩本はいらないです。

細かな試験科目や募集要項もこの本に記載されているので、

自衛官候補生を目指す方には必読です。

もし上記の参考書が手に入らない場合は、一般曹候補生と同じ出版社が出している、

それから、陸、海、空で入隊後にどんな資格・免許が取れるのか知りたいって方は、下記の記事を参考にしてみてください。

その他の自衛隊の情報については、カテゴリーの自衛隊から知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です