楽観主義と健康

突然ですが、あなたは日々の生活をどれくらい楽観的に過ごしていますか?

アメリカやヨーロッパの調査によれば、楽観主義は病気や手術から回復するのに役立っているそうです。



そして近年では、苦痛やストレスを軽減する「笑い」の効果に注目したユーモア・セラピーが注目を集めているようです。

実際にアメリカでは、「笑い」の特別室を設けている病院もあるみたいです。

楽観主義とは

楽観主義と言われてあなたはどのような物の見方をイメージしますか?

なんとかなるだろう、の精神だったり、深く物事を考えないようにしたりと、いろいろな答えがあると思います。

結論を述べると、楽観主義は次のような定義になります。

未来や何らかの成功に対して希望と確信に満ちていること

対義語として悲観主義があります。

悲観主義は、将来について心配だらけだったり、希望のない状態のことです。

では、実際に楽観主義であることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

  1. 容易に友達をつくることができる
  2. 成功しやすい
  3. 健康である

3の健康であるというメリットは最近の科学的研究によって明らかになりました。

どのような点で健康なのでしょうか。

楽観主義と健康

それは次のような点になります。

  1. 血圧が低い
  2. 心臓病の犠牲者になる可能性が低い
  3. 病気になったとしても手術後に合併症で苦しむ可能性が低い

これらの点に注目してみると、楽観主義は健康に良いという結論を私たちは早々に出してしまいます。

ですが、これは本当なのでしょうか。

こういうふうに考えることもできます。

それは楽観主義は健康の原因ではなく、健康な状態の表れかもしれない、というものです。

これらの問題を解明するために、

科学者たちは病弱体質や慢性的な疾患を抱えている人々を対象に入念な調査を実施したそうです。

そうすることで、病気に悩まされている人たちの回復が楽観主義とどの程度関係しているのかが明らかになるわけです。

楽観主義者の態度とは

 

この調査で次のことが明らかになりました。

  • 病人たちのあいだでも、楽観主義者は自分の健康状態に対して非常に異なった態度をとっている

では、どのような態度なのでしょうか。

高齢者の中でも、非常に重い病気を患っている人の一部には、人生に対して元気な態度をとり続けている

つまり、楽観的な態度をとっているということです。

では、どうして彼らは楽観的な態度をとることができるのでしょうか。

この疑問に対して、研究者たちは「生物学的なものかもしれないし、あるいはもっと社会的なものかもしれない」と語っています。

どうやらその理由についてはまだ解明されていないようです。

ですが、楽観主義的な態度をとる患者には共通している部分があるそうです。

それは、

  • 悲観主義者よりも健康的な暮らしを送り、医者の指示に従う。
  • 酒やたばこにふける可能性が低い。
  • 病気にならないように用心している

つまり、健康志向が高く、医者のことを信頼しているということです。

 

まとめ

  • 楽観的な人は友達をつくりやすい上に成功しやすい。そして健康である。
  • 血圧が低く、心臓病にかかる可能性が低い。
  • 仮に病気に悩まされたとしても回復しやすい傾向にある。そして医師の指示に従う
  • 酒やたばこにふける可能性も低く、健康的な生活を送っている。
  • 病気にならないようにしている。

以上のことからの分かるように、

悲観的な生き方をするよりも、楽観的な生き方を選んだほうが、

私たちは健康でいられる可能性が高いみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です